最新情報:
2021年1月19日 (更新情報)
更新履歴:
2019年8月 1日
国名:
エジプト
対象者:
イブラヒム・エズ・エルディン(男性)
期限:
2021年4月30日
配信日:
2021年1月19日
UA No:
104/2019

当局に秘密裏に拘束されたとみられていたNGOの調査員、イブラヒム・エズ・エルディンさんが2021年1月2日、国家最高保安検察庁で取調べを受けていたことがわかった。容疑は、テロ組織の一員というが、根も葉もなかった。

エルディンさんは、「権利と自由のためのエジプト委員会」の居住権調査員をしてきた。市民がだれでも手ごろな価格の住宅に安心して住める社会の実現を目指して、強制立ち退きや都市計画政策の実情を調査し、公表してきた。一方、同団体の活動は、政府の政策と対立することが多く、関係者の多くが、当局の捜査対象になってきた。一旦拘束されると、事実無根の容疑で長期間、勾留されかねない。

エルディンさんは、2019年6月に行方不明になり、後に治安当局に拘束されていることがわかった。2020年12月末、カイロの裁判所が、釈放を命じたにもかかわらず、再び取り調べを受けることになった。警察は、エルディンさんの拘束を続け、釈放命令からわずか5日後、国家最高保安検察庁が、テロ組織に関与したという新たな容疑で取り調べに乗り出し、エルディンさんは、さらに勾留されることになった。

エルディンさんは、腰の炎症、慢性アレルギーなどに悩まされている。事情を知る医療専門家によると、2020年6月に拘束されてから半年近い取り調べ中に拷問を受け、負傷した。しかし、ろくな治療を受けられなかったため鬱病を引き起こした可能性がある。2020年中に2回の自殺未遂を起こしていた。体重が激減し、体力も弱っているという。

アクションしてください。

英語またはアラビア語で以下の当局への要請文を郵便、ファックス、ツイッターのいずれかで、できるだけ早く送ってください。Twitterでは英文最後の段落部分の一部をご利用ください。

  • 拘束理由が人権活動のみにあるなら、エルディンさんを無条件で即時に釈放する。
  • 勾留中は、拷問などの暴力を一切、受けないこと、心身両面で必要な治療を受けられることを保障する。
  • 強制失踪と拷問に対する捜査を開始し、それらに関わった者の責任を明らかにする。

要請例文

Public Prosecutor Hamada al-Sawi
Office of the Public Prosecutor
Madinat al-Rehab, Cairo, Arab Republic of Egypt
Fax: +202 2577 4716
Twitter: @EgyptJustice

Dear Counsellor,

Ibrahim Ezz el-Din, a human rights researcher, detained arbitrarily since June 2019 appeared before the Supreme State Security Prosecution (SSSP) on 2 January 2021, just five days after the Cairo Criminal Court ordered his release on probation in case No. 488/2019. He is now under investigations in a new case (No. 1018/2020) over similar baseless charges of "belonging to a terrorist group". Proceedings against Ibrahim were unfair as he was not granted the right to effectively challenge the legality of his detention or the right to adequate defence. Ibrahim's lawyers were present, but they were not allowed to examine the case files including a report prepared by the National Security Agency (NSA), a specialized police force, that was used as the only evidence against him. The SSSP ordered his detention in the new case for 15 days. He was subsequently transferred to Liman Tora Prison.

After the Cairo Criminal Court had ordered Ibrahim's release on probation on 27 December 2020, he was transferred to the Samanoud police station in the governorate of his residence – a procedure that generally precedes release. Ibrahim remained in detention waiting NSA clearance, but instead he was taken for questioning to the SSSP.

According to informed sources, Ibrahim suffers from an inflammation in his lumbar vertebrae (lower back), chronic allergies, and a fungal infection of the tongue due to poor conditions of detention. According to medical professionals familiar with his case, the torture he endured while forcibly disappeared for 167 days from 11 June until 26 November 2019, in addition to the denial of adequate medical care by the Tora Investigation Prison authorities, might have triggered his depression. Ibrahim attempted suicide twice in 2020.

Amnesty International considers Ibrahim Ezz el-Din to be a prisoner of conscience, detained solely for his peaceful human rights work.

I urge you to release Ibrahim Ezz El-Din immediately and unconditionally given that his detention stems solely from his peaceful human rights work. I call on you to ensure that, pending his release, he has access to adequate health care, including psychiatric services if needed. I also urge you to open an investigation into his enforced disappearance and the torture to which he has been subjected and bring all those responsible to justice in fair trials without recourse to the death penalty.

Yours sincerely

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む