English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 米国: 米国:無実を主張し続けた死刑囚を執行

米国:
米国:無実を主張し続けた死刑囚を執行

最新情報:
2019年8月31日 (stop情報)
更新履歴:
2019年8月 8日
国名:
米国
対象者:
ラリー・スウェアリンジェン(男性)
期限:
2019年9月30日
配信日:
2019年8月31日
UA No:
108/2019

テキサス州で無実を訴えていた死刑囚のラリー・スウェアリンジェンさんの死刑執行が、予告通り8月21日に行われた。状況証拠に基づく殺人容疑で死刑を言い渡され、2000年から米国テキサス州で死刑囚監房に入っていた。死刑を宣告されてからも、無実を訴え続けていた。複数の法医学者が、発見された女性の遺体の死亡推定日は、スウェアリンジェンさんが逮捕された後だと証言していた。

このUAはこれで終了ですが、死刑の全面廃止に向けて、引き続き当局にすべての死刑の執行停止を求め続けます。このUAにご参加いただき、ありがとうございました。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ