English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ウズベキスタン: ウズベキスタン:不当拘留中のブロガー

ウズベキスタン:
ウズベキスタン:不当拘留中のブロガー

最新情報:
2019年11月11日
国名:
ウズベキスタン
対象者:
ナフォサット・オロシュクロヴァ(女性)
期限:
2019年12月 5日
配信日:
2019年11月11日
UA No:
139/2019

Nafosat Olloshkurovaブロガーで人権擁護活動家のナフォサット・オロシュクロヴァさんは9月23日、警官隊がデモ行進に相対する様子を撮影しているときに拘束され、行政法違反で拘留10日の判決を受けた。現在は、精神障がい者収容施設に入れられている。家族は、本人の体調を大変不安視している。

オロシュクロヴァさんは、これまでもフェイスブックでデモ行進参加者や対峙する警官、自治体関係者らへのインタビューを投稿していた。今年1月には、上院議員会館前で大統領との面会を求める女性たちを撮影して拘束され、フーリガン行為で5日間、拘留された。

今回のデモ行進では、9月22日に自身も行進に参加、23日はフェイスブックに載せる動画を撮影していた。

警察の調書によれば、オロシュクロヴァさんは、9月26日に「自殺を図った」として、精神障がい者収容施設に入れられた。その後、検察の求めを受けた裁判所の判断で、同施設での2カ月間の勾留が決まった。家族や弁護人との接触は、認められなかった。一度だけ、兄と病院内で警官らの立ち合いのもとで短時間、会えただけだった。

家族は、本人が心身両面で体調を崩さないか、気を揉んでいる。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。ツイッターの場合は、例文最後の段落のみをご利用ください。

  • 即刻、オロシュクロヴァさんを釈放する。
  • 拘留中、虐待的取り扱いを排除し、本人同意の上での十分な治療機会を提供する。

要請例文

Shavkat Mirziyoyev, President of Uzbekistan
Amir Timur Avenue, 14
Tashkent, Uzbekistan
Email: presidents_office@press-service.uz
Twitter: @president_uz
Facebook: https://www.facebook.com/Mirziyoyev/
Instagram: mirziyoyev_sh_eng

Dear President,

I am deeply concerned about the wellbeing of blogger and human rights defender Nafosat Olloshkurova, and I urge you to immediately raise her case with the Prosecutor General.

Nafosat Olloshkurova was one of 14 people detained when police broke up a peaceful protest march from Khorezm to Tashkent on 23 September. Nafosat Olloshkurova had been monitoring the march and covering developments on Facebook under her pen name Shabnam Olloshkurova. She was filming the police’s intervention when they detained and beat her.

Nafosat Olloshkurova was sentenced to 10 days' administrative detention in contravention of Article 29.2 of the Administrative Code of Uzbekistan that stipulates that administrative arrest cannot be applied to mothers of children younger than three years old and to single mothers of children up to 14 years old. On 26 September Nafosat Olloshkurova was forcibly placed in a psychiatric hospital in Urgench after a “suicide attempt”, according to police records. On 30 September the administrative court of Urgench approved the request by the Prosecutor General’s office to transfer her to a psychiatric hospital for two months. Nafosat Olloshkurova has not been given access to a lawyer and her family have not been able to conduct private visits with her; her brother has been allowed to see her briefly on the ward, but always in the presence of police officers, medical staff or government officials.

I urge you to Call on the Prosecutor's General’s office to:
- Release Nafosat Olloshkurova immediately;
- Ensure that Nafosat Olloshkurova is not subjected to any forced treatment while in detention, and that she has access to adequate and necessary health care while in detention, based on her informed consent.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ