English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): ミャンマー:軍を詩で風刺して長期刑のおそれ

ミャンマー(ビルマ):
ミャンマー:軍を詩で風刺して長期刑のおそれ

最新情報:
2019年11月13日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
伝統芸の詩人(男女)
期限:
2019年12月17日
配信日:
2019年11月13日
UA No:
147/2019

ミャンマーの裁判所は、軍を批判するパフォーマンスが誹謗中傷にあたるとして起訴されていた詩人グループ「ピーコック・ジェネレーション」のメンバー5人に1年の刑を言い渡した。5人は、複数の自治体で同様の容疑で起訴されており、すべての裁判で有罪なら、最大8年の刑が追加される。

彼らは4月に逮捕され、6カ月間勾留されてきた。ピーコック・ジェネレーションは、風刺を込めた詩を作り演じるミャンマーの伝統芸タンジャのグループだが、朗読の中で軍服を着て、軍当局を批判していたことが問題視された。同じグループの別のメンバー2人も、同じ起訴内容で裁判中だ。

7人のうち4人は、写真や動画をネットで共有したり、パフォーマンスのライブ配信をフェイスブックでしたりしたことで、「ネットでの誹謗中傷」容疑でも起訴された。

いずれも表現の自由の権利を行使して容疑に問われているため、彼らは、さらなる容疑や起訴、刑期の延長などを受けるおそれがある。ピーコック・ジェネレーションの他のメンバーも、同様の容疑で起訴されている。

笑いと朗読競技が合わさったような伝統芸能のタンジャを演じただけで罪を問われることはあってはならない。容疑の根拠となる抑圧的な法律にも大きな問題がある。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールで送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 7人の容疑を即時無条件に取り消し、釈放する。
  • 拘束中は、国際法の基準に従って7人を取り扱い、家族や弁護人との面会を認める。
  • 刑法と電気通信法の中の表現の自由を制限する条項を改正か削除し、国際法に準拠するようにする。

要請例文

President U Win Myint
President’s Office,
Office No. 18 Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 1 652 624

Dear President U Win Myint

I am writing to express my concern regarding the ongoing prosecution of members of the Peacock Generation, a Thangyat, or satirical poetry troupe, for their peaceful performances of the traditional art form.

Five members, Kay Khine Tun, Paing Pyo Min, Paing Ye Thu, Zayar Lwin, and Zaw Lin Htut, who have been detained in Insein prison since their arrest in April 2019, were convicted and sentenced to one year in prison on 30 October 2019 under Section 505 (a) of Myanmar’s Penal Code. These five individuals, as well as two additional members of the troupe, Nyein Chan Soe and Su Yadanar Myint, are facing trial on the same charges at Yangon’s Botahtaung Township Court.

Given that they have already been imprisoned for peacefully expressing their right to freedom of expression, it is of particular concern that additional charges, and risk of additional prison time, continue to be laid against troupe members. Similar complaints have also been filed against Peacock Generation members, including some of those already convicted, in Dedaye Township and Pyapon Township in Ayeyarwady Division.

Furthermore, four of the seven members, including three of the individuals who were convicted on 30 October, have been accused of “online defamation” under Section 66 (d) of the 2013 Telecommunications Law for sharing photos and videos and livestreaming their satirical performance on Facebook.

Thangyat is a time-honoured tradition in Myanmar, and I believe that no one should face charges, let alone prison, for peacefully performing it. It is of grave concern to me that these oppressive laws continue to be used to violate freedom of expression and to target peaceful activists, critics and human rights defenders.

I am therefore writing to urge you to:

  • Immediately and unconditionally release all jailed members of the Peacock Generation, quash their convictions and drop further charges against them and other members;
  • Ensure that, pending their release, members of the Peacock Generation are held in conditions which meet international standards, and that they have regular access to family, lawyers of his choosing, and any healthcare they require;
  • Repeal or amend laws that arbitrarily restrict the right to freedom of expression, including Section 505(a) of the Penal Code and 66(d) of the 2013 Telecommunications Law, to bring them into line with international human rights law and standards.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ