English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): ミャンマー:詩人グループに刑の追加

ミャンマー(ビルマ):
ミャンマー:詩人グループに刑の追加

最新情報:
2019年12月27日 (更新情報)
更新履歴:
2019年11月13日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
風刺詩人グループ(男女)
期限:
2020年1月29日
配信日:
2019年12月27日
UA No:
147/2019

風刺詩人グループ「ピーコック・ジェネレーション」のメンバー4人が12月11日、インターネット上の誹謗中傷の罪で実刑6カ月の有罪判決を受けた。軍を批判するパフォーマンスが抑圧的で悪名高い法律に触れたとして同グループの7人が逮捕・起訴されているが、そのうちの4人が今回、この追加の刑を言い渡された。その結果、収監中の6人は、1年半から2年半の刑に服することになった。6人は、表現の自由の権利を行使しただけであり、即時、無条件に釈放されるべきだ。

メンバーは、単に軍を風刺的に批判するパフォーマンスを行っただけで標的にされ、有罪判決を受け、収監された。今回の逮捕・起訴には、軍批判を封じる意図がある。収監されているメンバー全員は、表現の自由の権利を行使しただけで刑務所に入れられた。

今回の6カ月の刑の言い渡しは、4人を含む6人が、1年の刑を言い渡されてからわずか数週間後のことだった。その結果、6人は、1年半から2年半の刑に服することになった。さらに、もう1人のメンバーとともに、別の裁判でインターネットでの誹謗中傷の容疑で起訴されている。

ミャンマーでは平和的に抗議活動をしている人や人権活動家を逮捕、有罪判決を言い渡し収監するために抑圧的な法律をこれまでずっと利用してきた。こういった法律は、恣意的に、超法規的に表現の自由の権利を制限しており、人権を尊重し、擁護している国にはあってはならないことだ。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールで送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • メンバー全員の容疑を即時無条件に取り消し、釈放する。
  • 拘束中は、国際法の基準に従った取り扱いをし、家族や弁護人との面会を認める。
  • 刑法と電気通信法の表現の自由を制限する条項を改正か削除し、国際法に準拠するようにする。

要請例文

President U Win Myint
President’s Office,
Office No. 18 Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 1 652 624

Dear President U Win Myint

I am writing to express my ongoing concern about the prosecution and imprisonment of members of the Peacock Generation, who are being targeted solely for their peaceful, satirical performances criticizing the Myanmar military. Amnesty International considers this case to be politically motivated, and considers all those detained to be prisoners of conscience, jailed for solely exercising their human right to freedom of expression. I urge you to ensure their immediate and unconditional release.

I am dismayed the learn that, on 11 December, four members of the group were each sentenced to six months in prison after being found guilty of “online defamation” under Section 66(d) of the 2013 Telecommunications Act. These convictions come just weeks after they – along with two other group members – were sentenced to one year in prison under Section 505(a) of Myanmar’s Penal Code. Today, six members of the Peacock Generation are serving prison sentences of between one and a half and two and a half years in connection with their peaceful satirical performances. They – along with a seventh group member – are also facing a further charge of “online defamation” in a different court.

I am also deeply concerned by the ongoing use of repressive laws, including Section 505(a) of the Penal Code and Section 66(d) of the Telecommunications Act, to arrest, prosecute, and imprison peaceful activists and human rights defenders in Myanmar. These laws arbitrarily and unlawfully restrict the right to freedom of expression and have no place in a country which claims to respect and protect human rights.

I am therefore writing to urge you to:

  • Immediately and unconditionally release all jailed members of the Peacock Generation, quash their convictions, and drop further charges against them and other members who are facing imprisonment solely for the peaceful exercise of their right to freedom of expression;
  • Ensure that, pending their release, members of the Peacock Generation are held in conditions which meet international standards, and that they have regular access to family, lawyers of their choosing, and any healthcare they require; and
  • Repeal or amend laws that arbitrarily restrict the right to freedom of expression, including Section 505(a) of the Penal Code and 66(d) of the 2013 Telecommunications Act, to bring them into line with international human rights law and standards.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ