最新情報:
2019年12月12日 (更新情報)
更新履歴:
2019年11月11日
国名:
パキスタン
対象者:
ムハンマド・イスマイル(男性)
期限:
2020年1月13日
配信日:
2019年12月12日
UA No:
148/2019

軍を批判する人権擁護活動家のムハンマド・イスマイルさん(64才)に対するヘイトスピーチとサイバー・テロの容疑は、いまだ取り下げられず、最高7年の刑を受ける可能性がある。また、保釈中とはいえ、妻とともに出国は禁止され、家族全員が監視や脅迫などを受けている。

容疑を受けた背景には、同氏が反政府的発言をしてきたことと同時に、同じく人権擁護に取り組む娘のグラライさんを擁護してきたことがある。グラライさんは、当局の圧力で亡命に追い込まれた。

アムネスティは、検察当局に対しイスマイルさんの容疑を即時無条件に取り消すよう求める。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

  • ムハンマド・イスマイルさんに対する容疑を取り下げ、直ちに釈放する。
  • イスマイルさん一家に対する監視をやめる。

要請例文

Minister Shah Mahmood Qureshi
Foreign Office
Constitution Avenue, Islamabad
Pakistan

Tel : +92 51-9210335
Fax: +92 51-9207600
Email: Spokesperson.office@mofa.gov.pk

Your Excellency Minister Shah Mahmood Qureshi

While we welcome the release of Professor Muhammad Ismail, we are concerned that he remains at risk of arrest and he and his family continue to be the subject of an intense surveillance and harassment campaign, designed to intimidate them into silence and create a sense of fear among Pakistan’s already threatened human rights defenders.

The trumped-up charges against Professor Ismail under Pakistan’s draconian Anti-Terrorism Act and Pakistan Electronic Crimes Act put him at risk of a lengthy prison sentence. If the charges against him are not dropped, he continues to face arrest and prosecution.

He must not be punished for exercising his right to freedom of expression, including in defence of his daughter, Gulalai Ismail – who was forced to flee her home country.

We call upon your government to immediately and unconditionally drop all charges against Professor Ismail, and to put a stop to the invasive surveillance of him and his family.

Yours sincerely

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入