English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. パキスタン: パキスタン:殺人的大気汚染で脅かされる市民の命

パキスタン:
パキスタン:殺人的大気汚染で脅かされる市民の命

最新情報:
2019年12月 3日
国名:
パキスタン
対象者:
パンジャブ州民(男女)
期限:
2020年1月 3日
配信日:
2019年12月 3日
UA No:
153/2019

パキスタンで最も人口が密集する地域、パンジャブ州は深刻な大気汚染に見舞われ、市民の生活や健康は危機的だ。戸外では呼吸困難に陥るため、学校は閉鎖を余儀なくされている。呼吸器疾患を患う市民は、急増している。

パンジャブ州の大気質(大気汚染の程度)は、ほぼ一年中、「ほぼ健康に良くない」か「極めて健康に良くない」という深刻な状況で、「スモッグの季節」と呼ばれる10月から翌年1月にかけては、「危険」レベルにまで達する。これらは、州の大都市ラホールの米国領事館が設置した大気質モニターやパキスタン大気質イニシアティブなど信頼できる複数の情報源に基づく。大気質指数が300を超えると、市民は屋外でのすべての活動を控えなければならないとされる。11月13日、ラホールの大気質指数は556に達した。

一方、国の大気測定法は、国際基準に準拠せず、その情報は信頼性に欠ける。危険な状況にあるにも関わらず、市民は、適格な警告や避難指示を受けないため、その生活と健康は脅かされている。

汚れた大気が人びとの生活や健康に及ぼす影響は計り知れない。大気汚染の結果、ラホール州住民の平均余命は、5年縮まっているとされる。

大気汚染は、今に始まったわけでもなく、何の前置きもなく発生したわけでもない。

昨年5月、スモッグ対策委員会が、国に勧告を出し対応を求めた。しかし、政府は、そのごく一部にしか取り組まなかった。環境保全省の大気汚染データは、地域別の大気汚染状況を即時で知ることができるが、いまだに市民は、そのデータを利用することができない。良質の燃料へ切り替えるという課題も、着手されないままだ。

11月4日、10代の女性3人が清潔で健康的な環境の権利を侵害されたとして、州を相手取って訴訟を起こした。「大気汚染の不正確な情報は、人命の軽視だ」と申し立てた。

建設や農業などの従事者は、有害な空気をより多く吸うため、喘息や心臓疾患などにかかりやすい。有害な空気に長くさらされることは、生存権と健康に対する権利、健康的な環境の権利を危うくする。医者にかかれない社会的弱者でも同様だ。

世界保健機関によると、子どもは、大気汚染による健康被害を特に受けやすい。発育段階の子どもの肺は、大人の2倍の酸素を必要とするためだ。

パキスタン政府は、市民の健康と生活を守る義務があり、そのための対策を直ちに取るべきだ。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、ファックス、メールのいずれかで送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • ラホール市民が、大気汚染にかかわる正確な情報を即時で知ることができるようにする。
  • パンジャブスモッグ委員会の勧告を実行に移す。

要請例文

Minister (State) of Climate Change Zartaj Gul Wazir
4th floor, Local Government Complex
G-5/2, Islamabad
+92 51 9245710
Fax: +92 51 9245841
Email: zartajgullwazir@gmail.com

Dear Minister Zartaj Gul Wazir,

I am extremely concerned about the risks that the hazardous air poses for the health and lives of the people in this Lahore.

The government’s failure to adequately protect people from exposure to this air puts their human rights at risk, including their rights to health and life.

A 2018 World Health Organization report has shown that children are especially vulnerable to the health impacts of hazardous air, because of their developing lungs which require twice as much oxygen, and as a result are consistently falling sick because of the air they breathe. Life expectancy is already thought to be reduced by 5 years for the people living in Lahore as a result of the poor air quality.

Given the potentially devastating impacts of poor air quality on people’s lives, health and human rights, we urge you take the following urgent steps to ensure that people in Lahore are protected from the impact of this hazardous air, including:

  • Ensure that the people of Lahore have access to correct information about the severity of the smog
  • Implement the recommendations of the court-appointed Smog Commission of Punjab, including the Punjab Clean Air Action Plan.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ