English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イラン: イラン:ヒジャブ強制に抗議して24年の刑か

イラン:
イラン:ヒジャブ強制に抗議して24年の刑か

最新情報:
2019年11月28日
国名:
イラン
対象者:
サバ・コルダフシャリ (女性)
期限:
2019年12月30日
配信日:
2019年11月28日
UA No:
158/2019

イランで人権擁護活動をするサバ・コルダフシャリさん (21才)は、女性にヒジャブ着用を強要する差別的な法律に抗議したことで罪に問われ、実刑24年を言い渡された。上級審でも敗訴すれば、刑は確定し、収監される。女性の権利を擁護しただけでの処罰は不当だ。

サバさんにかけられた容疑は、性的堕落の扇動と促進の罪(15年)、社会秩序撹乱のための集合と共謀の罪(7年半)などだ。もし刑24年を科されると、これまでの刑執行基準から、実質15年の収監になると思われる。

今年6月に逮捕されてからの当局の対応は、極めて不公正だった。2カ月以上も弁護士との面会が認められず、弁護士は、8月の裁判開始まで裁判資料を閲覧することができず、抗弁の準備ができなかった。さらに、裁判資料が不完全で残りの資料を求めたのに対し、「弁護には無関係」として請求を退けられた。裁判当日、法廷に現れたサバさんは、目隠しされ手錠がかけられていた。

イランでは、ヒジャブの着用義務に抗議する運動の機運が高まっている。女性たちが公の場で、ヒジャブを棒の先に結んで無言で高く掲げたり、ヒジャブを着けずに頭を露出させて通りを歩き、その動画をSNSでシェアしたりしている。また、抗議する女性が嫌がらせを受ける様子を撮影して公開したりもする。

抗議が拡大する中、危機感を持つ政府は、取り締まりを強めている。しかし、国がやるべきことは、正当な人権活動をしていたサバさんの無罪放免であり、女性に差別的な法律の撤廃だ。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)で送ってください。

  • サバ・コルダフシャリさんを人権擁護活動で処罰するのは不当であり、即時無条件で釈放する。
  • 勾留中は、弁護人との定期的面会を認める。
  • ヒジャブ着用の強制は差別であり、義務付けを定める法律を廃止する。

要請例文

Head of Judiciary Ebrahimi Raisi
c/o Permanent Mission of Iran to the UN
Chemin du Petit-Saconnex 28
1209 Geneva, Switzerland

Dear Mr Raisi,

Women’s rights defender Saba Kordafshari was unjustly sentenced to 24 years in prison by Branch 26 of the Revolutionary Court of Tehran on 27 August 2019 for her peaceful human rights work, including campaigning against Iran’s discriminatory and abusive forced veiling laws and communicating about human rights violations. The 24-year sentence consists of 15 years for “inciting and facilitating corruption and prostitution” through promoting “unveiling”, seven and a half years for “gathering and colluding to commit crimes against national security” and one and a half years for “spreading propaganda against the system”. She is currently awaiting the outcome of her appeal. If her conviction and sentence are upheld, Saba Kordafshari would be required to serve 15 years of her prison sentence, as per Iran’s sentencing guidelines.

Saba Kordafshari’s trial was grossly unfair. She was not allowed to meet with her lawyer for over two months after her arrest on 1 June 2019. She was also barred from adequately preparing her defence as her lawyer was not permitted to review the court file against her until the day of the trial, 19 August 2019, and was informed of the trial date with just one day’s notice. Her lawyer objected that her court file was incomplete and asked for the rest of the documents but was told by the authorities that it was “none of [his] business”. On the day of the trial, Saba Kordafshari was taken handcuffed and blindfolded to court. She later told her family that there were cameras in the courtroom during the trial and that her interrogator and members of the Revolutionary Guards were present. She said that the judge denied her request to be released on bail.

I urge you to release Saba Kordafshari immediately and unconditionally as she is a prisoner of conscience, jailed solely for her human rights work. Pending her release, please ensure that she has regular contact with a lawyer of her choosing. I also urge you to stop criminalizing the work of women’s rights defenders and abolish discriminatory forced veiling laws.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ