最新情報:
2020年2月25日
国名:
ロシア連邦
対象者:
ユリア・ツヴェトコワ(女性)
期限:
2020年4月26日
配信日:
2020年2月25日
UA No:
006/2020

活動家でアーティストのユリア・ツヴェトコワさんは、女性とLGBTIの人びとの権利を擁護したがために起訴され、昨年11月から自宅軟禁にある。女性の肉体を描いて、「ポルノの制作と流布」という容疑を受けたからだ。有罪になれば、最長6年間、投獄されることになる。表現の自由を行使しただけであり、即時、無条件に釈放されなければならない。

ツヴェトコワさんの絵には、女性の生殖器官のボディ・ポジティブな(外見や体型の多様性を受け入れる)表現が使われることかある。それらをソーシャルメディアに投稿した。女性の社会的地位の向上を訴える運動の一環だ。

メディアに語ったところでは、同じ法律違反で別の提訴が始まった。問題となった絵は、2組の同性カップルと子どもたちが描かれ、「愛のある所が家族だ。LGBTIとその家族を支援して」というタイトルが付いていた。絵を公開することで、同性のカップルを支援したかった。モデルとなった家族(子どもは養子縁組)は、当局から子どもを取り上げると脅されたため、ロシアを離れた。

ツヴェトコワさんは、昨年3月から露骨に同性愛を嫌悪する国や団体から嫌がらせや批判を受けてきた。当時、青少年アマチュア劇団で、いじめと差別に反対する劇を演出していたが、未成年への非伝統的性関係の宣伝容疑の捜査を受けて、劇団の仕事を辞めざるを得なかった。

12月には、LGBTIのオンラインコミュニティの管理人をしていることが、「非伝統的な性関係の宣伝活動」の罪にあたるとして、5万ルーブル(約85,000円)の罰金を言い渡された。ただ、問題とされたオンラインコミュニティは、法律の定め通り「18+」と表示されていて、未成年者を対象としないことは明らかだった。にもかかわらず、処罰されたのは、不当極まりなかった。

訴追の真の狙いは、女性やLGBTIの人びとの権利を擁護・推進する活動をつぶすことにある。表現の自由の権利を行使しただけであり、即時かつ無条件に釈放されるべきだ。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)かメールで送ってください。

現在、国際郵便の引受が一時停止されているため、航空書簡ではなくメールで送ってください。

  • ツヴェトコワさんの起訴を取り下げ、即時無条件に釈放する。

要請例文

Boris Viktorovich Kononenko
Prosecutor of Komsomolsk-on-Amur

Krasnogvardeiskaya street, 34
Komsomolsk-on-Amur 681013
Russian Federation
Email: kms@phk.hbr.ru

Dear Prosecutor,

I am writing to express my indignation about the arrest and prosecution of Yulia Tsvetkova, an artist and activist from Komsomolsk-on-Amur. She is facing criminal and administrative proceedings that have been initiated on absurd grounds.

On 20 November Yulia Tsvetkova was arbitrarily detained, questioned by police, and her flat was searched. She has been under house arrest since 22 November, while there is an ongoing “investigation” against her under charges of “production and dissemination of pornography”, a crime which carries a penalty of up to six years in prison. The grounds for the criminal proceedings against her are her drawings of the female body.

Yulia Tsvetkova is facing relentless harassment: on several occasions the investigator denied her requests to visit her dentist, and on 5 February she was subjected to a psychiatric examination. She has also been targeted under the Code of Administrative Offences. On 11 December, she was issued with an extortionate fine of 50,000 rubles (US$ 780) for so-called “propaganda of non-traditional sexual relations among minors” on account of being the administrator of two LGBTI-themed online communities. These proceedings arise under the homophobic legislation which expressly discriminates against LGBTI people and violates their right to freedom of expression. These proceedings are absurd and unfounded, even under Russian law, as both online communities in question were marked “18+”, as required by Russian law, and as such were not targeted at minors. Further administrative proceedings have been instigated against Yulia Tsvetkova for the same “offence”.

The only true reason Yulia Tsvetkova is facing prosecution is her activism, through which she seeks to promote and defend women’s rights and the rights of LGBTI people and exercising her right to freedom of expression. She is a prisoner of conscience and should be immediately and unconditionally released.

I urge you to take all necessary steps to end Yulia Tsvetkova’s prosecution, under both criminal and administrative charges, and to ensure her immediate and unconditional release.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む