最新情報:
2020年2月17日
国名:
ベナン
対象者:
イグナス・ソッソウ(男性)
期限:
2020年4月20日
配信日:
2020年2月17日
UA No:
008/2020

調査報道ジャーナリストのイグナス・ソッソウさんは昨年12月24日、検察官の発言を引用したツイートがハラスメント罪にあたるとして、実刑18カ月と20万CFAフラン(約36,000円)の罰金刑を受け、現在、控訴している。

検察官の発言は、フランスのメディア会社が主催する会議でされたものだった。ソッソウさんは、このツイートで検察官に告訴され、昨年12月20日に令状もなく逮捕された。本人立ち合いのもとで家宅捜索を受け、携帯電話が押収された。4日後、出廷したソッソウさんは、ツイートを投稿したことは認めたが、検察官に対する嫌がらせは否定した。しかし、有罪判決を下され、直ちに控訴し、控訴審の日程待ちだ。

彼への有罪宣告はツイートという表現の自由の権利の不当で恣意的な侵害であり、彼は即時無条件で釈放されるべきだ。

ベナンでは、デジタル法が施行されて以来、この2年で、少なくとも17人のジャーナリスト、ブロガー、活動家らが起訴された。デジタル法にあるいくつかの条項は、抑圧的で、表現の自由とメディアの自由の権利を侵害する。同国では、表現の自由の権利が抑圧され、過度の制限が加えられる風潮にあることが懸念される。

当局は、国際人権義務に従い、ジャーナリスト、ブロガー、活動家、人権擁護者などの権利の尊重・保護・促進こそ、進めなければならない。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

<

現在、国際郵便の引受が一時停止されているため、航空書簡ではなくメールで送ってください。

ul>
  • 表現の自由を行使して収監されたソッソウさんを即時無条件に釈放する。
  • デジタル法の抑圧的な条項を国際基準に即して修正する。
  • 要請例文

    Patrice Talon, President of the Republic of Benin
    Palais de la Marina
    Cotonou, Benin
    Email: patricetalon@hotmail.fr

    Your Excellency,

    I am concerned about the sentence passed on investigative journalist Ignace Sossou, for “harassment through electronic communication”. On 18 December 2019, Ignace Sossou posted tweets quoting the Public Prosecutor during a conference hosted by the French media development agency CFI. In his tweets, he stated that the Public Prosecutor had described Benin’s digital code as “a weapon” that can be used against journalists and questioned the government’s decision to shut down the internet during elections in April 2019. The Public Prosecutor alleged that his remarks had been taken out of context by Ignace Sossou and issued a complaint against him at the Court of First Instance in Cotonou.

    On 20 December 2019, the Central Office for the Repression of Cybercrime(OCRC) arrested Ignace Sossou, without a warrant, supported by the Central Police Station in Godomey, southern Benin. His home was searched in his presence and his phone was analyzed by the technical and scientific police.
    On 24 December, Ignace Sossou appeared before a judge. He acknowledged having written the tweets but not to having harassed the Public Prosecutor. He was sentenced to 18 months in prison and received a fine of 200,000 FCFA (approximately 300 euros). He is being detained in Maison d’Arret Prison, Cotonou, southern Benin. He has appealed his conviction and is waiting for the appeal to be scheduled.

    Amnesty International considers that Ignace Sossou’s detention is arbitrary and in violation of the peaceful exercise of his right to freedom of expression. Amnesty International is concerned about the repressive climate and undue restrictions on the right to freedom of expression in Benin. The authorities must respect, protect, promote and fulfil the rights journalists, bloggers, activists and human rights defenders, in accordance with the country's international human rights obligations.

    In view of the above, I urge you to ensure:

    • The immediate and unconditional release of Ignace Sossou who is arbitrarily detained solely for peacefully exercising his right to freedom of expression;
    • The amendment of Law No. 2017-20 of 20 April 2018 on the Digital Code, bringing it into conformity with international standards on freedom of expression, particularly by decriminalising press-offenses and the publication of false information and online press crimes.

    Yours sincerely,

    ↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

    英語でUAを読む