最新情報:
2020年3月27日
国名:
中国
対象者:
李翘楚(女性)
期限:
2020年4月26日
配信日:
2020年3月27日
UA No:
028/2020

女性と労働者の権利を擁護する李翘楚(Li Qiaochu)さんが2月16日、当局に拘束された。ジェンダーに基づく問題への取り組みや、パートナーである許志永(Xu Zhiyong)さんが、福建省アモイ市内であった弁護士や活動家の集まりに参加したことに関連しているようだ。逮捕後の拘置場所は不明で、連絡も面会もできない。虐待を受けているおそれもある。

李さんは長年、労働者の権利を研究するだけではなく、ジェンダー問題にも取り組んできた。その李さんが拘束される理由があるとすれば、労働者やジェンダーに関わる権利擁護活動や活動家仲間との関係にあるものと思われる。

李さんは昨年12月31日、警察に呼び出され、北京公安局で24時間、拘束された。その間、うつ病を抱える李さんは、希望した医療的対応を受けることができなかった。ほとんどの尋問は、パートナーに関することだったため、取り調べで受けた扱いをネット上で明らかにして、アモイ市内の会合に参加して拘束された人たちに注意を喚起した。

昨年、李さんは鬱病と診断された。定期的に診断を受けることができなければ、精神的にも身体的にも体調が悪化するおそれがある。

李さんは、労働者や女性などの平等の権利にかかわる問題に長年、関わってきた。2017年、北京当局が、低所得者層の人たちの排除に乗り出したとき、李さんは、影響を受ける地域の情報を集める作業にボランティアとともに取り組んだ。これは退去させられた出稼ぎ労働者が、新しい仕事や新たな住居を見つける手助けのためだった。さらに、国際的なMeTooキャンペーンにも積極的に参加した。彼女は資料を集め、報告を作成し、MeToo運動を支持するメッセージをウェブ上に投稿した。

2019年6月、彼女はうつ病と診断され、定期的に専門医の治療を受けることになった。新型コロナウイルス感染が勃発したため、ボランティアを再開し、特定地域内の蔓延を防ぐため、オンラインと対面の両面で支援活動をした。清掃員にマスクを配布し、制限を受けている地区の妊婦に互いに助け合う方法を指導した。特に病院で見られるジェンダーに基づく暴力に関し、ジェンダー視点が欠けるとして、すぐにボランティアの人たちと提言をまとめる作業に取り掛かった。

彼女の行動に対し、警察は嫌がらせを行い、12月に入ると自宅や通勤を監視した。12月末には全国で、弁護士や活動家の集まりに参加した人たちが、警察への出頭要請や拘束を受け始めた。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ下の要請文を封書、航空書簡(全世界90円)、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

現在、国際郵便の引受が一時停止されているため、航空書簡ではなくファックスで送ってください。

  • 信頼に足る証拠がなければ、即時無条件に李さんを釈放する。
  • 拘束中に暴力的扱いを受けないこと、および家族と面会できるようにする。
  • 無条件で専門家の診察を受けられるようにする。

要請文

Director Wang Xiaohong
Beijingshi Gong’anju
9 Dongdajie, Qianmen
Dongchengqu, Beijing Shi 100017
People Republic of China
Fax: +86 10 85222823

Dear Director Wang:

I am writing to express my concern for Li Qiaochu, who was taken away by police in Beijing on 16 February 2020. No copy of her detention notice has been provided to her family, who do not know what charges she is being held under.

Li Qiaochu is a well-regarded researcher on labour rights and has been a peaceful advocate against gender-based violence for many years. Her partner, Xu Zhiyong, was one of the many lawyers and activists who attended an informal gathering in Xiamen in December 2019. It seems that Li Qiaochu’s own peaceful activism, and close association with other activists, is the sole reason for her current detention.

On 31 December 2019, Li was summoned by the police and held in the Beijing Public Security Bureau for 24 hours. During her detention, police reportedly refused to give her adequate medical care. As most of the questioning related to Xu Zhiyong, Li Qiaochu decided to reveal her treatment by the police online and called for more public attention for others detained in relation to the gatherings in Xiamen.

No information about where Li Qiaochu is being held has yet been shared with her family members, who worry that without access to a lawyer of her choice she is at serious risk of torture and other ill-treatment.

It is also distressing to learn that Li Qiaochu was diagnosed with depression in recent months. Without access to regular and adequate medication, there are real concerns for her mental and physical wellbeing.

I therefore call you to:

  • Immediately and unconditionally release Li Qiaochu, unless there is sufficient credible and admissible evidence that she has committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards.
  • Ensure that Li Qiaochu has regular, unrestricted access to family and lawyers of her choice and is not subjected to torture and other ill-treatment.
  • Allow her prompt, regular and unrestricted access to medical care on request, or as necessary.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む