最新情報:
2020年7月 2日
国名:
ロシア連邦
対象者:
タチアナ・レヴァ(女性)
期限:
2020年8月 7日
配信日:
2020年7月 2日
UA No:
077/2020

Tatyana Revva@Privateロシア連邦の南、ヴォルゴグラード州の医師、タチアナ・レヴァさんは、新型コロナのパンデミックの中、勤務する病院の経営陣に防護具などが不足している問題への対応を求めたところ、懲戒処分を受け、解雇されるおそれがある。病院側は、レヴァさんが報復を恐れることなく、医療活動や表現の自由の権利の行使ができるようにしなければならない。

集中治療に携わるレヴァ医師は、防護具など感染対策に必要な物資が不足していることへの対応を病院幹部に繰り返し訴えていた。

3月上旬、この問題を報告した文書を独立系の労働組合に送ったり、物資不足について説明したビデオを作ったりした。文書も動画も一般に公表された。

その直後、経営陣から懲戒処分を受け始めた。譴責処分を2回、文書による警告を1通受け取った上、業務上の不正行為があったとして6回も文書による弁明を提出させられた。レヴァさんは、いずれも事実無根で、新型コロナ禍での経営陣への批判への仕返しだと主張している。

現在、懲戒処分が取りざたされているのは、患者の守秘義務を破ったというものだ。その患者は、自身の父親だ。心臓発作の疑いで救急救命科に入院している父親を見舞ったが、主治医でも、その科の専門医でもないにもかかわらず、患者のカルテを書かなかったという理由で叱責を受けた。

レヴァ医師はこの叱責について労働組合に文書で伝え、メディアのインタビューでも説明した。ただ、父親の個人情報や診断内容については触れておらず、守秘義務を破ってはいない。しかし、守秘義務を破ったなどとして懲戒処分の手続きが進められ、解雇されるおそれがある。

レヴァさんは、医療の最前線で活躍する医師であり告発者だ。表現の自由の権利を行使して報復を受けている。感染拡大と闘い、患者の健康を可能な限り守るために問題を公にしたのであり、この対応は、公共の利益にもなる。

アクションしてください。

英語で当局への次の要請事項を盛り込んだ要請文をファックスかメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

  • レヴァさんに対する報復をやめさせる措置を早急に取り、経営陣の横やりを受けることなく、彼女が職務を執行でき、言うべきことが言えるようにする。
  • 防護具不足問題について実情を調査し、医療スタッフが万全の感染対策を取れるよう、適切な対応を取る。

要請文

Chairman of the Healthcare Committee of Volgograd Region
Anatoliy Ivanovich Sebelev

Healthcare Committee for Volgograd region
Fax: +7 8442 30 99 96
Email: oblzdrav@volganet.ru

Dear Chairman of the Healthcare Committee,

Dr. Tatyana Revva, an intensive care unit doctor from Kalach-on-Don, has faced reprisals after she repeatedly complained to the hospital’s management about the shortage of personal protective equipment (PPE) for medical workers in the context of COVID-19 pandemic, as well as other work-related issues.

In early March, she reported her concerns to an independent trade union, Doctors’ Alliance, and recorded a video describing the issues confronted by staff in her hospital. Her letter to the union and her video have since been made public. Soon after, the hospital management took disciplinary measures against Tatyana Revva, which she claims are unfounded and target her for her criticism.

According to her, within a month she received two formal reprimands and one written warning from the management, and on six occasions had to give written explanations about alleged irregularities in her work.

The ongoing disciplinary proceedings against Tatyana Revva have been launched for her purported violation of a patient’s confidentiality. The patient in question is her father who had been admitted to the hospital’s A&E department with a suspected heart attack. Tatyana visited him there and received an official reprimand for it on the grounds that she should have allegedly filled in the patient’s record forms even though she was not a consulting doctor, and this was not her area of expertise. Tatyana Revva has mentioned this incident in a letter to the trade union and in an interview with a journalist. She has not disclosed her father’s personal details or diagnosis and thus did not breach a patient’s confidentiality. Nonetheless, this has become the grounds for the disciplinary proceedings against her and may lead to her dismissal.

Tatyana Revva is a frontline health worker and a whistle-blower. She is facing reprisals for exercising her right to freedom of expression. She has raised matters of public interest, in order to help take effective action to combat the spread of COVID-19 and ensure the highest attainable standard of health.

I urge you to take necessary steps to end reprisals (including the ongoing disciplinary proceedings) against Tatyana Revva and ensure that she is able to perform her professional duties, and exercise her right to freedom of expression, without obstruction or harassment by the hospital administration. I also call on you to look into the reports of shortage and inadequacy of personal protective equipment provided to staff at Kalach-on-Don hospital in the context of COVID-19 pandemic and take urgent steps to ensure health workers are adequately protected.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む