最新情報:
2020年6月 3日
国名:
中国
対象者:
マヒラ・ヤクブとその叔父叔母(男女)
期限:
2020年7月 4日
配信日:
2020年6月 3日
UA No:
086/2020

Mahira Yakub保険会社に勤務するマヒラ・ヤクブさんは、オーストラリアに住む両親への送金がテロ活動支援にあたるとして昨年5月に逮捕され、今年1月に起訴された。妹によると、送金は、両親の自宅購入を支援するためで、2013年に2回に分けて行われた。叔父と叔母も同様の容疑で起訴され、現在は保釈中だ。勾留が続くヤクブさんは、家族との面会を認められず、ウイグル人であるため弁護人を付けることもできない。

昨年4月以降、ヤクブさんと連絡が取れなくなった妹は、オーストラリアの関係当局に助けを求めたところ、キャンベラの中国大使館の話として、テロリストへの資金援助の容疑で5月に逮捕され、起訴されたことがわかった。大使館によると「体調は良い」ということだったという。しかし、肝機能障害があることから、体調が懸念されている。

両親は、中国当局からテロリストの容疑をかけられてきたが、2015年と翌年に中国を訪れたときは何の問題もなかった。オーストラリアで警察の取り調べを受けることもなかった。

ヤクブさんが両親に送金した際の銀行の送金控えや住宅購入の確認書などの書類も残っている。過激思想を宣伝したことを示す写真や資料を所持していたというが、妹は、「写真は、姉妹がヘッドスカーフを被る母親と一緒に撮ったときのものだろう」と話す。

ウイグル人は、弁護人を雇うことができない。当局の報復を受けることを恐れて、代理人になる弁護士がいないのだ。このことは、アムネスティの調査でもわかっている。

アクションしてください。

英語で当局への次の要請事項を盛り込んだ要請文を※封書または航空書簡(全世界90円)で、できるだけ早く送ってください。※中国宛の書状は、届けられることを確認しています。

  • 国際法が認める信頼できる証拠が十分なければ、釈放する。
  • 3人の容疑を取り消すか、国際基準に沿った公正な裁判を行う。
  • 家族や弁護人との面会を認める。
  • 勾留中に暴力を受けないことを保障する。

要請文

Deputy Procurator of Ili Kazakh Autonomous Prefecture People's Procuratorate
Han Jielong

Lane 4, Sidalin (West) Lu
Yining Shi 835000
Ili Kazakh Autonomous Prefecture
Xinjiang Uyghur Autonomous Region
People’s Republic of China

Dear Deputy Procurator Han:

I am writing to express my concern about Mahira Yakub (玛依拉‧亚库甫), a Uyghur insurance company worker indicted by your procuratorate in January 2020 on charges of “giving material support to terrorist activity” (资助恐怖活动罪). The charges relate to a transfer of funds made to her parents in Australia in 2013. According to Mahira Yakub’s sister, the money was intended for their parents to buy a house. No one has seen or spoken to Mahira Yakub since she went missing in April 2019.

I also worry for Mahira Yakub’s aunt and uncle, Gulbekram Memtimin (古勒拜克热木‧麦米提敏) and Qasim Tohti (哈斯木‧托合提), who have been indicted on the same charges. Two of a total of three money transfers were made by her aunt and uncle.

While Gulbekram Memtimin and Qasim Tohti are released on bail, Mahira Yakub is currently detained in Yining Detention Centre. Mahira Yakub has not been allowed access to her family and, without legal representation, I am deeply concerned for her condition and wellbeing, especially as she did not receive adequate medical treatment when she suffered from liver damage in a “transformation-through-education” facility from March to December 2018.

I therefore call on you to:

  • Release Mahira Yakub, unless there is sufficient, credible and admissible evidence that she committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards;
  • Drop charges against Mahira Yakub, Gulbekram Memtimin and Qasim Tohti or ensure they are granted a fair trial in line with international standards.
  • Allow Mahira Yakub access to her family as well as prompt and adequate medical care, as necessary or requested, facilitate her right to have effective legal representation of her choice, and ensure she is not subjected to torture and other ill-treatment.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む