最新情報:
2020年7月23日
国名:
マレーシア
対象者:
清掃員5人(男女)
期限:
2020年8月21日
配信日:
2020年7月23日
UA No:
093/2020

6月2日、病院清掃会社の待遇に抗議する従業員の集会が、警察の介入を受け、解散させられた。労働者が抗議しているのは、組合員への不当な取り扱いや感染防護具の不足などだった。集会に参加した社員のうち5人が、無許可の集会を開いたとして、逮捕、拘禁、起訴された。この逮捕は、集会の自由の権利の侵害にあたり、すべての起訴を取り下げるよう内務大臣に求める。平和的な抗議活動により逮捕・拘禁されるようなことがあってはならない。

5人は、M. Sarasvathy (女性)、L. Danaletchumy (女性)、V. Santhiran (女性)、 P. Jothi (男性)、 C Subramaniam Raja (男性)。

抗議集会に参加した人の中には病院職員もいる。彼らが問題視するのは、院内の清掃員に対する扱いだ。具体的には、感染防護具の不足、組合で活動する社員に対する脅迫、以前の下請け業者との包括的合意の破棄、給料や有給休暇日数の据え置きなどだ。会社側は、これらの申し立ては事実ではないとしている。

5人の参加者は、逮捕後、一晩拘置され、法廷では足に鎖をつけられていた。このような扱いは、拷問に相当する非人道的で品位を傷つける処遇とみなされる。被告たちは大規模集会を禁止する感染防止法違反に問われており、有罪なら、1000リンギット(約25,000円)の罰金と実刑6カ月、またはそのいずれかが科されるおそれがある。

平和的集会の自由の権利を抑圧する口実としてコロナ危機を利用してはならない。感染拡大の危機において、病院で働く人たちは、感染リスクを冒して仕事に従事している。政府は、彼らの権利を保護すべきであり、彼らを処罰するようなことがあってはならない。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文をメールで、できるだけ早く送ってください。

  • 国際人権法に反する、あるいは過度の罪を着せる容疑を破棄する。
  • 医療現場で働く人たちに感染から身を守るための装備、情報、研修、心の支援などを十分、提供する。
  • 労働法に則った対応がなされているか、この会社を調査する。

要請文

Dato’ Seri Hamzah Zainudin
Minister of Home Affairs

Email: dhamzah11@gmail.com

Dear Dato’ Seri Hamzah Zainudin,

I am writing to oppose the arrest, detention, and charges faced by five protestors – M. Sarasvathy, L. Danaletchumy V. Santhiran, P. Jothi, and C Subramaniam Raja – who participated in a peaceful protest on 2 June 2020 outside Raja Permaisuri Bainun Hospital in Ipoh. Some of the protestors are hospital workers. The protest denounced the alleged mistreatment of cleaners in the hospital including: inadequate supply of protective equipment for COVID-19, intimidation of workers active in the union, the cancellation of a Collective Agreement accepted by the previous sub-contractor, and the lack of annual increase in wages and paid holidays or sick leave – by a company sub-contracted for hospital cleaning services. The company denies these allegations.

The five protestors were arrested, remanded overnight, and chained in court, which is concerning as it is a form of inhuman or degrading treatment that may amount to torture. They face a fine of up to RM 1,000 (USD 234) each or up to six months’ imprisonment or both, for allegedly violating the Prevention and Control of Infectious Diseases (Measures within the Infected Local Areas) Regulations 2020 that outlaws mass gatherings. Their next court appearance is 9 July 2020. Amnesty International calls on the government not to imprison people for breaching public health restrictions, which is a disproportionate measure given the high transmission risks in places of detention. The charges also carry a fine that may disproportionately affect the group, especially as they were protesting poor wages by the company.

The COVID-19 crisis should not be used as a pretext to unnecessarily and disproportionately suppress rights to freedom of peaceful assembly and association. Healthcare workers are the backbone of society especially during the COVID-19 pandemic, continuing to deliver services despite the risks. The government should protect the rights of hospital workers on the frontlines of the pandemic, instead of subjecting them to prosecution.

Therefore, I call on your office to:

  • Drop all charges against the five members, as the charges are either contrary to international human rights law or carry penalties that will disproportionately affect this group;
  • Ensure that all hospital workers are provided with adequate and quality personal protective equipment, information, training, and psychosocial support; and
  • Investigate allegations against the company and ensure that all labour laws are respected and enforced.

Thank you for your kind attention,

Yours sincerely,

英語でUAを読む