最新情報:
2020年7月 6日
国名:
中国
対象者:
ヤン・ヘンジュン(男性)
期限:
2020年7月31日
配信日:
2020年7月 6日
UA No:
098/2020

YangHengjunオーストラリアの市民権を持ち、米国で客員研究員を務めるヤン・ヘンジュン(楊恒均)さんが昨年1月、中国を訪れた際、空港で拘束された。その後勾留されたまま今年3月、スパイ容疑で起訴された。新型コロナ禍のパンデミックを理由に、半年間、外部との面会を認められていない。虐待や拷問を受けているおそれがある。

ヤンさんはブロガーとしても知られ、多くのフォロワーを持つ。中国では外交官をしていたヤンさんは、1999年にオーストラリアに移住し、シドニーの大学で博士号を取り、市民権を得た。2002年に米国に移った後は、コロンビア大学で客員研究員をしてきた。

昨年1月に所用で家族と広州空港に降り立ったとき、警察に拘束され、秘密裏の隔離拘禁にあたる「指定居所監視居住」下に置かれた。家族や弁護士に会うことができず、虐待や拷問を受けたおそれがある。

今年3月、スパイ容疑で起訴されたが、一貫して容疑を否定してきた。スパイ行為は、「国家の安全を危うくする罪」にあたり、有罪なら少なくとも3年の刑を受け、「国家と人民に特に重大な害を与える」ほどの場合は、死刑を言い渡されるおそれもある。国家の安全に関わる容疑者は、弁護士との面会などの権利を一様に奪われる。

現在、ヤンさんは北京の留置所にいるが、唯一認められてきたオーストラリア領事館員との面会も、昨年12月末からコロナ禍を理由に認められなくなった。ヤンさんは、記憶喪失、めまい、高血圧などを患っているため、適切な治療を受けられているのか危惧される。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ下の要請文をファックスまたはメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

  • 国際法が定める罪を犯したことを示す確かな証拠がなければ、あるいは、国際基準に沿った裁判を受けられなければ、直ちに無条件で釈放する。
  • 勾留中は、領事館員、家族、私選弁護士との面会を制限なく認め、虐待などの暴力的対応を受けないことを保障する。
  • 本人の希望や必要に基づき、速やかに医療を受けられるようにする。

要請文

Chief Procurator Zhang Yukun
Beijing No 2 People’s Procuratorate,
18, Zhifang Lu,
Fengtai Qu,
Beijing Shi, 100078
People’s Republic of China

Dear Chief Procurator Zhang

I am writing to express my concern for Australian-Chinese writer, Yang Hengjun (杨恒均), who was taken into police custody at Guangzhou airport on 19 January 2019. Detained without charge for more than a year, it was only in March 2020 that an official statement was made that he would face charges of espionage. Yang is believed to be detained at the Beijing State Security Bureau Detention Centre.

An Australian citizen since 2002, Yang had been living in the United States as a visiting scholar at Columbia University at the time of his arrest. Prohibited from seeing his family or a lawyer of his choice, Yang was initially allowed a monthly, half-hour visit from a representative from the Australian consulate. However, I find it distressing to learn that since 30 December 2019, no one has seen or heard from Yang at all, as authorities have suspended the consular visits due to COVID-19.

Yang Hengjun has denied all allegations of espionage. Asserting his innocence, he has told the Chinese authorities that he has never been spy for any government. I also worry that Yang is not getting the proper medical care that he needs. Suffering from memory loss, dizziness, blood pressure related issues and several other serious health conditions, it is crucial that he get immediate and proper care.

Because Yang is currently being held incommunicado without access to consular visits, lawyer of his choice or his family, I am gravely concerned for his wellbeing and fear that he is at risk of torture and other ill-treatment.

I therefore call on you to:

  • Release Yang Hengjun immediately and unconditionally unless there is sufficient credible and admissible evidence that he has committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards;
  • Pending his release, ensure that Yang Hengjun has regular, unrestricted access to consular visits and family and lawyers of his choice and is not subjected to torture and other ill-treatment;
  • Allow him prompt, regular and unrestricted access to medical care on request, or as necessary.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む