最新情報:
2020年12月27日
国名:
タイ
対象者:
ユース活動家4人(男女)
期限:
2021年3月31日
配信日:
2020年12月27日
UA No:
134/2020

タイで、平和的な集会や表現の自由に対する弾圧が激しさを増している。何百人というデモ参加者が、民主主義を求めてデモに参加したことで、10年以上の長期刑を受けるおそれが出ている。6人の少年を含む少なくとも220人が、起訴されるおそれがある。タイ当局は、各種抑圧的法律を用いて反政府的集会や意見を抑圧しているが、こうした法律を改正するか、廃棄すべきだ。

若者が改革を求める運動に対して、当局は新たな弾圧を仕掛けてきた。若者は、政治改革、憲法改正、教育改革、LGBTQIの平等、女性と子どもの権利などを求めて、徹底して非暴力のデモやフラッシュモブ(SNS等の呼びかけによる事前準備のない集まり)を行った。君主制改革について公然と語り合うようになると、当局は、何十人という若者を拘束し、起訴した。当局の対応で特徴的なのは、政府批判や抗議の参加者の多くを起訴し、彼らを長期間にわたる裁判に縛り付けて、結果的に集会や表現の権利行使に冷水を浴びせるというものだ。

学生団体「バッド・ステューデント(不良学生)」の16歳の高校生活動家プロイさん(女性)、社会学を学ぶ22歳の大学生でタイ学生連盟リーダーのラングさん(女性)、23歳のLGBTI擁護・民主派活動家フォードさん、29歳の法律家パイさんなどは、2年から長ければ何十年という長期間の投獄が危惧されている。彼ら以外にも何百人という学生や活動家が、拘束され、刑事訴追の脅しを受けたり実際に起訴されたりしている。

2020年11月末には、扇動、コンピュータ犯罪、国王侮辱、禁止されている公共での集会などの疑いで、多数の若者が警察に出頭させられたり、逮捕されたりした。プロイさんのほかバッド・ステューデントの幹部2人が、集会禁止令違反で呼び出しを受けている。この団体の活動家をはじめ32人以上の活動家が、その発言や行動を理由に不敬罪で裁判にかけられるおそれがある。

2020年7月18日に、バンコク民主記念塔で「自由青年」という学生運動団体主宰の集会が行われ、大学生を含む31人が登壇した。集会には、2,400人ほどが集まり、議会の解散と新規選挙、新憲法、市民への嫌がらせの中止という3項目の要求を打ち出し、政府につきつけた。

この31人の活動家は、以前にも違法集会を理由に起訴されていたが、このデモの後、ラングさん、フォードさん、パイさんの他にさらに少なくとも8人が当局に目をつけられ、特定示威行動に関わる扇動罪や不敬罪で出頭命令や起訴を受けている。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便またはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってくだ

  • 集会と表現の自由の権利を行使しただけで罪に問われている若者に対するすべての刑事訴訟を即時無条件で取り下げる。
  • 政府批判や抗議活動への意欲を削ぐための嫌がらせや圧力をやめる。
  • 反政府集会や意見を抑圧する法律を改正または廃棄する。

要請文

Prime Minister Prayut Chan-O-Cha
Office of the Prime Minister
Pitsanulok Road
Bangkok 10300, Thailand
Fax: 66 2 282 5131

Dear Prime Minister,

I write to express my grave concern about the escalating crackdown on students and other activists in your country, who have been expressing their opinions on political and constitutional reforms through peaceful protest and social media. I find it distressing that, despite your government having publicly acknowledged that the rights to freedom of expression and peaceful assembly are the foundation of society, those who have peacefully exercised these rights in recent months continue to be harassed.

It is alarming to learn that at least 220 persons, including six children, face criminal proceedings. They would face up to decades or even life imprisonment if prosecuted and convicted. Among these are high school students Benjamaporn ‘Ploy’ Nivas,16 (Free Youth and student union leader Panusaya ‘Rung’ Sittijirawattanakul; pro-democracy activist Tattep ‘Ford’ Ruangprapaikitseree, and legal expert and former prisoner of conscience Jatupat ‘Pai’ Boonpattararaksa.

As you will be aware, the United Nations Human Rights Committee and other experts have recommended on several occasions that Thailand amend or repeal the very laws it is now using as tools to suppress the expression of critical and dissenting opinions and peaceful protests, and that Thailand end related prosecutions.

I therefore urge you to change your government’s approach to protecting the rights to freedom of peaceful assembly and expression in order to genuinely enable people to exercise them, including by allowing criticisms of authorities, in line with Thailand’s obligations under international human rights law and the constitution.

Specifically, I call on you to:

  • Immediately and unconditionally drop all criminal proceedings against protesters and others charged solely for exercising their rights to freedom of peaceful assembly and expression;
  • Cease all other measures, including harassment, aimed at dissuading public participation in peaceful gatherings or silencing voices critical of the government and social issues;
  • Amend or repeal legislation in order to ensure it conforms with Thailand’s international human rights obligations on freedom of peaceful assembly and expression, and to train state officials to carry out their duties confirming to Thailand’s obligation to respect, protect and fulfil the peaceful exercise of the rights to freedom of peaceful assembly and expression.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む