最新情報:
2020年9月12日
国名:
モロッコ/西サハラ
対象者:
オマール・ラディ(男性)
期限:
2020年11月30日
配信日:
2020年9月12日
UA No:
136/2020

国に批判的な調査報道ジャーナリスト、オマール・ラディさんは7月29日、治安妨害と強かんの罪で起訴された。アムネスティがこの6月に出したモロッコの報告書の中で、当局がラディさんの通話を盗聴していたことを明らかにしたため、ラディさんは当局から嫌がらせを受けるようになった。最近では、当局による汚職を調査してきた。

治安妨害容疑は、外国の情報機関に関連する団体から資金の提供を受けていたとする申し立てに基づく。アムネスティの調べでは、その資金は、ジャーナリズム・フェローシップの研究助成とフリーランスのコンサルタント業務に対する報酬だった。当局は、容疑を捏造してでも訴追しようとしているようだ。

強かん容疑は、女性が暴行を受けたと主張したことがきっかけだった。ラディさんは、強かんを強く否定し、合意の上で性行為をする関係にあったと反論している。性的暴行の罪は重く、強かんが事実なら、捜査と訴追は当然だ。アムネスティは、この問題について意見を言う立場にない。ただ、国連作業部会によると、反政府系記者が、調査報道をしていたというだけで投獄されたことがあった。

ラディさんは、モロッコの独立系ニュースサイト「ル・デスク」を立ちあげて運営しながら、複数の国内外の報道機関に記事を書いてきた。

書くテーマは、権力とビジネスエリートの関係や当局の汚職疑惑など、政治に関わる問題だ。砂採掘をめぐる搾取に関する調査で、2013年に国際メディアサポートの賞とモロッコ調査ジャーナリスト協会の調査ジャーナリズム賞を受賞している。2016年には、「国家の下僕」と題する調査報告書をまとめ、違法に国有地を取得したおよそ100人の政府高官の名前を明らかにした。

ラディさんの公判は、9月22日にカサブランカ第一審裁判所で始まる。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文をファックス、ツイッターのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは、英文最後の段落をご利用ください。

  • 当局に、治安妨害容疑の取り消しを求め、強かん容疑に関しては公正な捜査と司法手続きを求める。
  • 勾留が必要で妥当なことを証明できなければ、推定無罪の原則に従い保釈する。

要請文

Head of Government Saad Dine El-Othmani
Fax: +212 53 7771010
Twitter: @Elotmanisaad

Your Excellency,

I am writing to raise concerns that the Moroccan authorities are subjecting Moroccan journalist Omar Radi to legal harassment. On 25 June 2020 and six subsequent occasions in July 2020, he was summoned by the Central Bureau for Judicial Investigations and questioned about phone calls and text messages dating back to 2011 and transfers of funds to his bank account. On 29 July, he was charged and detained and is due to stand trial before the First Instance Court of Casablanca on 22 September 2020. On 22 June Amnesty International had published a report revealing that he had been targeted for surveillance through spyware on his phone.

Omar Radi is charged with “harming national security” based on an accusation that he received funds from sources linked to foreign intelligence agencies. Amnesty International understands that funds transferred from abroad were actually for research grants in the context of a journalism fellowship and freelance consultancies. Amnesty International therefore has serious concerns that the charge is spurious and indicates an intensification of government harassment. He is also charged with “rape”, based on an accusation by a woman who alleges he assaulted her on 12 July. He denies this, affirming that he had a “consensual sexual relationship” with her. Sexual assault is a serious offence and accusations of such conduct, if genuine, warrant investigation and prosecution before a fair trial. While such accusations must each be considered on their merits and Amnesty International is not well placed to assess their veracity, I note with concern that the UN Working Group on Arbitrary Detention found in another case that the publisher of an opposition newspaper was accused of rape and arbitrarily detained in what amounted to “judicial harassment attributable to nothing other than his investigative journalism”.

I urge the Moroccan authorities to drop the national security charge against Omar Radi. Please impartially investigate the complaint that the rape charge is based on. Please release him unless they can demonstrate that it is necessary to deprive him of his liberty.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む