最新情報:
2020年11月 3日
国名:
中国
対象者:
香港人12人(男女)
期限:
2021年3月31日
配信日:
2020年11月 3日
UA No:
141/2020

香港人12人が8月23日、中国の沿岸警備隊に拘束され、9月30日に正式に逮捕された。容疑は、2人が中国海域への越境の画策、10人が越境の容疑だ。拘束は45日を超え、家族や弁護人に会えず、拷問や虐待を受けるおそれがある。

鄭子豪(CHENG Tsz-ho)さん、張俊富(CHEUNG Chun-fu)さん、廖子文(LIU Tsz-man)さん、喬映瑜(QUINN Moon)さん、鄧棨然(TANG Kai-yin)さん、李子賢(LI Tsz-yin)さん、李宇軒(LI Yu-hin)さん、黃偉然(WONG Wai-yin)さんら12人は、8月23日に高速艇で香港を出発し、その後、中国沿岸警備隊員に拘束されていた。12人のうち2人は、18歳未満だ。

香港の李家超(ジョン・リー)保安局長は9月19日、「12人全員が弁護人を選び、元気だ」との声明を出した。しかし、家族らはこの声明を否定した。一方、家族が依頼した弁護人の少なくとも4人は、当局から脅迫を受け、弁護人の職を下りた。正式な逮捕により、今後3カ月以上、勾留されるおそれがある。当局は、勾留中の12人の法定代理人や家族との接触を認めず、家族らは、12人の健康状態を確認するすべがない。弁護人らとの交通の禁止は、子どもの権利条約や国連被拘禁者保護原則などの国際人権違反にあたる。中国の刑事訴訟法にも違反する。

家族らは、中国当局に12人の権利の保障を、香港当局にも詳細な情報を求めている。一部の家族は香港警察が捜査に関わっているはずだと主張したが、警察は情報の提供を拒み、入国管理事務所に行くように指示した。香港メディアによると、当局は、「香港政府は今回の逮捕の件に一切関与することはない」と主張しているという。

12人のうち11人は、香港で逮捕されたことがある。容疑は、傷害の共謀、暴動、警官襲撃、放火の共謀、凶器準備集合などだ。その一人、李宇軒さんは、無許可での弾薬所持と外部勢力と結託した国家安全危害の容疑で逮捕され、その後、香港を出て他の国に庇護を求めたとされる。今年6月に香港で国家安全維持法が施行されて以降、同法違反の容疑で活動家やデモ参加者ら22人が逮捕されてきたが、その一人が李さんだった。

国連人権高等弁務官事務所専門機関は、「国家安全維持法は、その規定があいまいで、差別的、恣意的に解釈され、人権を侵害しかねない」と繰り返し懸念を表明してきた。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便、メールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

  • 12人に対し、速やかに家族や弁護人との定期的な接見交通権を認める。
  • 12人が拷問や虐待を受けないことを保障する。
  • 12人が、いつでも要望と必要性に応じて医療措置を遅滞なく受けられるようにする。

要請文

Director Fang Hongsheng
Yantian Branch of Shenzhen Municipal Public Security Bureau
2078 Shenyan Lu, Yantian Qu,
Shenzhen Shi, 518081, People’s Republic of China
Email: qwssfw@yantian.gov.cn

Dear Director Fang:

I am writing to express my grave concern for 12 Hongkongers who have been formally arrested for “secretly crossing the border” (偷越国(边)境) and “organizing other persons to secretly cross the border” (组织他人偷越国(边)境) on 30 September 2020. Two of them were under 18 years old when arrested. Held incommunicado for more than 45 days, I am concerned that they are at imminent risk of unfair trials and even torture and other ill-treatment.

It is distressing to learn that the Yantian District Detention Centre has not allowed any of the family-hired lawyers to meet with the 12 individuals. Hong Kong Secretary for Security John Lee announced on 19 September that the 12, including a 17-year-old boy, had “chosen their own lawyers” and were “in good health”. In a public statement issued on 19 September, the families refused to acknowledge these lawyers claimed to be chosen by the 12 detainees. Furthermore, at least four of the family-hired lawyers have withdrawn from this case after being threatened and intimidated by the authorities to quit.

Meeting lawyers of one’s own choosing is an integral part of right to a fair trial and a fundamental safeguard for the prevention of torture and other ill-treatment. Denying these 12 individuals access to legal representation and to family members is in contravention of international human rights, including the Convention on the Rights of the Child and the Basic Principles for the Protection of All Persons under Any Form of Detention or Imprisonment, as well as China’s Criminal Procedure Law.

It is extremely worrying that there is no way for family members or family-hired lawyers to confirm whether the 12 are in good health. I am particularly concerned about three individuals who have existing health conditions and require regular prescribed medication, as there is no way to know whether they are receiving adequate medical care while in detention. Juvenile justice protections set forth in international law and the China Criminal Procedural Law should be provided to the youngest detainees to ensure their rights are fully respected.

I call on you to immediately:

  • Ensure that the 12 individuals have regular and effective access to family and family-appointed lawyers without delay;
  • Ensure that the 12 individuals are not subjected to torture and other ill-treatment;
  • Allow the 12 individuals prompt, regular and unrestricted access to medical care on request or as necessary.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む