最新情報:
2020年12月24日
国名:
中国
対象者:
張展(女性)
期限:
2021年3月31日
配信日:
2020年12月24日
UA No:
170/2020

2月に武漢で発生した新型コロナウイルス感染症に関する記事を書いた市民ジャーナリストの張展(Zhang Zhan)さんは、5月15日に拘束されてから640㎞以上も離れた上海で警察に留置されてきた。拘束中に社会騒乱挑発罪で起訴された。上海の拘置所では、拘束に抗議してハンガーストライキをしてきたが、のどに無理やり管を挿入されて摂食を強要されている。

元弁護士の張展さんは、市民記者として政治や人権問題について精力的に発言してきた。2月には、新型コロナウイルス禍の震源地となった武漢を訪れて聞き取りした。感染拡大に関する記事を書いた記者数人が拘束されたり、記者の家族が嫌がらせを受けたりしていることがわかり、記事にしてWeChat、Twitter、YouTubeなどに投稿した。これらの一連の取材や投稿が、社会騒乱挑発罪に問われることになったとみられている。

張展さんの弁護人によれば、張展さんは、体を非常に弱らせ、胃の痛み、歩行中のめまい、脱力感に苦しんでいる。さらに、3カ月以上、1日24時間、手足を拘束されているという。これらの当局の対応は、国際人権法が禁止する拷問や嫌がらせにあたる。これらの対応が心身に与える影響が、大変心配されている。

市民記者は、ニュース報道に必要な取材を認められていないため、その数は限られているが、その記事は、当局の検閲を受けない生の情報源だ。そのため、当局は神経を尖らせている。市民記者は、検閲対象とする話題や情報を記事にしたり拡散したりすると、常に嫌がらせや圧力を受ける。

ソーシャルメディアで新型コロナウイルスに関する情報を流したことで、記者や活動家が当局から嫌がらせを受けたという報告は多数ある。その一人が弁護士で市民記者の陳秋實(Chen Qiushi)さんで、 武漢の病院内で撮った動画を投稿して嫌がらせを受けた。また、武漢に住む方斌(Fang Bin)さんは、感染症による死者の遺体を撮ったとされる動画を投稿して、一時、拘束された。

中国で感染拡大が始まって以来、新型コロナウイルスに関する記事が、数多く検閲されてきた。 特定のソーシャルメディアの投稿、当局が神経質になっている問題に関連するハッシュタグ、表現の自由を求める投稿などは、即座に削除されるか検閲され修正されている。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便でできるだけ早く送ってください。

  • 十分に信頼できる証拠に基づく容疑があり国際基準に沿った公正な裁判が保障されるのでなければ、張展さんを即時無条件に釈放する。
  • 健康、自己決定、表現の各権利を尊重し、治療上不可欠で合法的に行われるのでなければ、強制摂食をやめた上、必要な医療的対応を迅速に取る。
  • 釈放されるまでは、無制限に家族や弁護人と面会でき、虐待や暴力を受けないよう保障する。

要請文

Chief Procurator Zhang Bencai
Shanghai People’s Procuratorate
648, Jianguo West Road,
Xuhui District, Shanghai Shi 20000
People’s Republic of China

Dear Chief Procurator Zhang:

I am writing to express my grave concern for citizen journalist Zhang Zhan (張展), who has been detained by police in Shanghai and is currently being held at Pudong New District Detention Centre. She is being arbitrarily detained simply for exercising her human right to freedom of opinion and expression, as enshrined in Article 19 of the Universal Declaration of Human Rights.

Zhang Zhan travelled to Wuhan in February 2020 to report on the COVID-19 outbreak there. She reported on the detention of independent reporters, as well as the harassment of victims’ family members. She was indicted on 15 September on charges of “picking quarrels and provoking trouble” (寻衅滋事罪), for which she faces up to five years in prison. I find it deeply disturbing that she is facing such punishment merely for reporting news about a matter of public interest.

Zhang Zhan has chosen to be on hunger strike as a way of protesting her detention and asserting her innocence. Despite her intention to continue, the authorities in the detention centre have reportedly force-fed her against her will. She is also made to wear leg shackles and her hands have been restrained 24 hours a day for more than three months. These actions imposed on Zhang Zhan violate the absolute prohibition of torture and other ill-treatment, which is a violation of China’s obligations under international human rights law. I am extremely worried about the impact these actions have had on Zhang Zhan’s health, which has deteriorated rapidly since September, and have grave concerns for her health and well-being.

I therefore call on you to:

  • Release Zhang Zhan immediately and unconditionally, unless there is sufficient credible and admissible evidence that she has committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards;
  • Respect Zhang Zhan’s right to health, autonomy and expression, stop force-feeding her unless medically necessary and legitimately carried out, and ensure that she has prompt and regular access to medical attention and adequate health care.
  • Pending her release, ensure that Zhang Zhan has regular, unrestricted access to family and lawyers of her choice and is not subject to torture or other ill-treatment;

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む