最新情報:
2021年1月13日
国名:
モロッコ/西サハラ
対象者:
マーティ・モンジブ(男性)
期限:
2021年4月30日
配信日:
2021年1月13日
UA No:
001/2021

Maati Monjib 昨年12月末、学者で人権活動家のマーティ・モンジブさんは、首都ラバトで逮捕され、その後も拘束されたままだ。昨年10月以後、マネーロンダリングの疑いで取調べを受けてきた。捜査の狙いは、モンジブさんに当局への恐怖心を与えることだった。また、モンジブさんの政府に批判的な行動への報復でもあった。モロッコではこの数年、当局による嫌がらせや違法な捜査が横行し、モンジブさんは、当局に批判的な立場から表現の自由を守る活動を続けていた。そのモンジブさん自身が今回、不当に逮捕・勾留されることになった。当局は、モンジブさんを即時かつ無条件に釈放すべきだ。

10月7日、検察当局は横領とマネーロンダリングの疑いでモンジブさんの取り調べを始めた。容疑は、市民ジャーナリストを育成するために国外から財政支援を受けていたことだ。さらに、ラジオの取材で拘束中のジャーナリストを支持し、政敵を弾圧する治安警察を批判したことが、逮捕に繋がったとみられている。

モンジブさんはこの数カ月間、当局に何度も呼び出されていた。活動には無関係の家族も呼び出された。アルツハイマー病を患う76歳の姉も、数時間もかかる移動を強いられた上で4時間以上も尋問を受けた。

モンジブさんは、「イブン・ロッチ研究コミュニケーションセンター」を創設し、NPOフリーダムナウの代表も務める学者だ。さらに、国際メディア、シンクタンク、アカデミックフォーラムなどでモロッコ政治関係のコメントもする。10月26日に召喚された時は、4時間もかけて当局に出向いた。その移動中、交通機関で新型コロナウイルスに感染し、帰宅後、自主隔離する事態になった。11月25日と12月4日にも召喚された。

モンジブさんは、2015年には出国を禁止され、スペインで予定されていたアラブのメディア事情に関する会議での講演ができなかった。その後、24日間、ハンガーストライキを行い、体調悪化で意識を失い、病院に搬送された。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文をファックスまたはツイッターで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは、要請文最後のパラグラフにある英文のいずれかをご利用ください。

  • 即時無条件に、表現の自由を行使しただけで勾留されているモンジブさんを釈放する。
  • 捜査を停止し、容疑を取り消す。
  • 人権を促進する活動を評価し、国外からの支援を罪とみなさないようにする。

要請文

Head of Government Saad Dine El-Othmani
Palais Royal Touarga, Rabat 10070, Morocco
Fax: +212 53 7771010
Twitter: @ChefGov_ma

Your Excellency,

I am writing to urgently condemn the authorities’ arrest and arbitrary detention of academic and human rights defender Maati Monjib on 29 December 2020. Security agents in civilian clothes took him by force and without prior notification from a restaurant in the capital Rabat to the court of First Instance in Rabat, where he was brought before the prosecutor. The latter referred him to the investigating judge, who, after interrogating him without the presence of a lawyer, ordered his pretrial detention.

On 7 October 2020, the prosecutor’s office at the Rabat Court of First Instance, following a referral from the Financial Information Processing Unit, opened a new investigation against Maati Monjib for alleged embezzlement and money laundering apparently stemming from the receipt of foreign funds to conduct training workshops for citizen journalists. Maati Monjib told Amnesty International that this renewed harassment and intimidation are due to a recent radio interview where he criticised the General Directorate of Territorial Surveillance (DGST, internal intelligence) for their repression of political opponents as well as his open support to detained journalists Omar Radi and Suleiman Raissouni.

The Central Bureau of Judicial Investigation (better known as BNPJ) has over the past months summoned Maati Monjib more than seven times for interrogation in Casablanca and in Rabat. Four members of his family, with no relation to political activism, were also summoned, including his 70-year-old sister who has Alzheimer’s and had to travel to Casablanca, hours away from her home, to be interrogated for more than four hours. Maati Monjib denies all accusations against him.

I therefore ask you to immediately and unconditionally release Maati Monjib, as he is a prisoner of conscience solely detained for peacefully exercising his rights to freedom of expression and association. I urge you to close the open investigations and drop all charges against him. I also urge you to explicitly recognize the legitimacy of human rights defenders and publicly support their work, acknowledging their contribution to the advancement of human rights and to end the criminalization of their receipt of foreign funds to pursue their human rights work.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む