最新情報:
2021年3月22日
国名:
パキスタン
対象者:
カウサル(女性)とエマニュエル(男性)
期限:
2021年6月30日
配信日:
2021年3月22日
UA No:
007/2021

パキスタンのシャグファタ・カウサルさんとシャフクワット・エマニュエルさんが、イスラム教の聖職者に神を冒涜するような文書を送ったとして、死刑判決を受けた。当局は、スマートフォンのSIM登録から追跡したという。2人は、メール送信を一貫して否認していたが、2013年に収監され、2014年4月に死刑判決を受けた。判決から6年後の昨年4月になっても、開かれるはずだった控訴審が、コロナ禍で延期された。今年になって開かれた審理でも、先送りされた。

2人の控訴審は不当に延期されている。2月15日と24日の審理では、判事は、最終判決のための法廷への召喚をしておきながら退席した。冒涜法に絡んだ裁判では、審理の延期が常態化している。裁判所は、被告人が主張を否定するのを避けるために、いたずらに審理を延期しているふしがあるからだ。一方、自らの保身のために、被告に有罪判決を言い渡さざるを得ない状況にある。

パキスタンの冒涜法は、きわめてあいまいなのに、非常に重い刑罰を科す。「合理的な疑いを超えた証明の基準」を満たさない証拠を理由に、被告人が死刑判決を受けてしまう。冒涜法は、パキスタンの人権義務を蔑ろにする。その結果、脅迫殺害なども起きている。

2人は、そもそも拘束される理由がないにもかかわらず、8年も勾留されてきた。裁判所は、速やかに無罪を言い渡し、2人の拘束を解く必要がある。パキスタンの冒涜法が、国民の生命を守る人権尊重の義務を果たしていないことも問題だ。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便、メール、ツイッターのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは、要請文最後の段落をご利用ください。

  • 即時無条件で2人の釈放を求める。
  • 釈放に当たっては、二人に加えて弁護団にも相応の保護を求める。
  • 宗教的少数者らに脅威となっている冒涜法の改正を求める。

要請文

Chief Minister, Punjab Usman Buzdar
Chief Minister’s Office
7 Club Road, GOR 1
Lahore, Pakistan
Email: psostaff@gmail.com
Twitter: @usmanakbuzdar

Dear Chief Minister Buzdar,

I write to you to draw your attention to the case of Shafqat Emmanuel and Shagufta Kausar, a Christian couple who were convicted of “blasphemy” and sentenced to death in 2014 for allegedly sending “blasphemous” text messages to a mosque cleric. They have been in prison for the better part of eight years waiting for their appeal hearing, when they should not be in jail in the first place.

Shafqat and Shagufta have denied all allegations and are waiting to appeal their sentences in the Lahore High Court.

Pakistan’s blasphemy laws violate the country’s human rights obligations, both in their substance and their application, to respect and protect the rights to life; freedom of thought, conscience, and religion or belief; freedom of opinion and expression; equality before the law; and the prohibition of discrimination, and the right to life. The laws do not meet human rights law and standards and lack essential safeguards to minimise the risk of additional violations and abuses and are emblematic of the dangers faced by the country’s religious minorities.

I find it highly distressing that, under Pakistani law, the death penalty is the mandatory punishment for those convicted of blasphemy under Section 295-C. As I am sure you are aware, the UN Human Rights Committee has stated that the automatic and mandatory imposition of the death penalty, constitutes an arbitrary deprivation of life in violation of Article 6(1) of the ICCPR.275.

Chief Minister Buzdar, I strongly urge you to ensure that Shafqat and Shagufta are immediately and unconditionally released and that they and their lawyers are provided with adequate security upon their release. Pakistan’s blasphemy laws will continue to endanger religious minorities and put lives at risk if they are not repealed.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む