最新情報:
2021年3月 5日
国名:
ロシア連邦
対象者:
マガマドフとイサエフ(ジェンダーは不明)
期限:
2021年6月30日
配信日:
2021年3月 5日
UA No:
020/2021

チェチェン(ロシア連邦の北カフカース連邦管区)から中央連邦管区に逃れていたサレック・マガマドフさん(20歳)とイスマイル・イサエフさん(17歳)が2月4日、警察に拘束され、チェチェンに連れもどされた。二人は以前、ジェンダーの平等を求めるなど表現の自由の権利を行使しただけで拘束や暴行を受けた。その後の拘束をおそれて昨年7月、チェチェンから中央連邦管区に逃れた。チェチェンに連行後の所在は不明で、無事かどうかもわからない。

二人は昨年3月、メッセージアプリ・テレグラムにおいて、政府や伝統を批判する投稿が寄せられるチャンネルの進行役を務めていたことで当局に睨まれ、拘束された。2カ月後、謝罪を強要され、その様子を撮った動画がインターネットに公表され、釈放された。再度の拘束をおそれた二人は昨年7月、LGBT団体「LGBTネットワーク」の支援を得て、チェチェンを脱出し、中央連邦管区に逃れた。

今年2月5日、住んでいたアパートに踏み込んできた警察に拘束された。拘束直前に二人から連絡を受けたLGBT団体が手配した弁護士の調べで、二人は、チェチェンのグデルメスに連行されたことがわかった。一旦は釈放されたがすぐさま再逮捕され、別の村に連行されて拘束されたが、その後のことは不明だ。面会を認められていない親と弁護人は、当局から「息子に会うのはあきらめろ」とまで言われている。2月8日、欧州人権裁判所はロシア当局に対して、即時無条件で弁護人や親との面会を二人に認めるよう求めた。

ここ数年、チェチェンではさまざまな人権擁護活動家が、人権侵害を調べ、ひどくなるばかりの状況を公表してきた。人権侵害には、大規模な恣意的拘禁、拷問、虐待、殺害などがある。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文をファックスまたはツイッターでできるだけ早く送ってください。ツイッターでは、要請文最後の箇条書き部分をご利用ください。

  • 二人の所在を確認し公表する。
  • 明らかな犯罪容疑がないのであれば、直ちに釈放する。根拠ある容疑があるなら、弁護人との面会を認める。
  • 子どもの権利条約などの国際法に従い、人権が十分尊重されるようにする。

要請文

Prosecutor General
Igor Viktorovich Krasnov

Prosecutor General’s Office
Fax: +7 (495) 987-58-41
Twitter: @Genproc

Dear Prosecutor General,

I am gravely concerned about the enforced disappearance of Salekh Magamadov of 20 years of age and Ismail Isaev who is 17 years old. According to the Russian LGBT Network, they were apprehended by police at a flat in Nizhnii Novgorod, in an abduction-style operation, on 4 February 2020, and forcibly transferred to Gudermes, Chechnya. Their lawyer was denied access to his clients and any information on the relevant criminal proceedings. They were unlawfully questioned without their lawyer or family members’ presence, despite one of them being a minor, then nominally released and immediately arrested and taken away, first to the village of Sernovodskoe and then to an unknown location. The reason for their arrest, their fate and whereabouts remain unknown to their lawyers and family members. They are at risk of torture and other ill-treatment and their lives may be at risk.

Salekh Magamadov and Ismail Isaev had already suffered unlawful deprivation of liberty and torture and other ill-treatment at the hands of the Chechen authorities. On 30 March 2020, they were arbitrarily detained by the Chechen police and unlawfully held prisoners until May, for exercising their right to freedom of expression.

In the light of the above, I urge you to:

  • Take immediate steps to establish and disclose the whereabouts of Salekh Magamadov and Ismail Isaev, and ensure they are not tortured or otherwise ill-treated;
  • Ensure that they are immediately released unless promptly charged with a recognisable criminal offence, in which case they should have an immediate and unimpeded access to a lawyer of their choice;
  • Ensure their human rights are fully respected, in accordance with Russia’s obligations under international law, including the Convention on the Rights of the Child.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む