最新情報:
2021年7月 2日 (更新情報)
更新履歴:
2021年4月 4日 (更新情報)
2021年3月 9日
国名:
インドネシア
対象者:
バーリとサムシール(男性)
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年7月 2日
UA No:
023/2021

北スマトラで農業に従事しながら森林保護に取り組むサムスル・バーリさんとサムシールさん父子が、その活動をめぐり襲撃罪で禁錮2カ月、執行猶予4カ月の有罪判決を言い渡された。検察は、判決を不服として控訴した。

バーリさん父子は、地元のマングローブの再生をはじめとする環境の維持や土地の権利保護などに取り組んできた。2017年には政府から森林地帯の管理権を与えられた。山林内にアブラヤシ農園を所有するパーム油会社に土地の管理権利を求めている。

昨年末、父子のコミュニティに男2人が現れ、その一人が、襲われて助けを求めるような叫び声を上げながら川に飛び込むという茶番を演じた。住民に助け出されたとき、自作自演を認めた。だが、2カ月後、父子は警察に呼び出され、襲撃の容疑で起訴された。襲撃を裏付ける何の証拠もないまま、2人は有罪判決を言い渡された。実刑6カ月を求めていた検察側が控訴したため、父子側も反訴を決めた。

インドネシアでは、環境保護活動家が、経済発展を阻害しているとする国や企業から嫌がらせや不当な容疑をかけられる事態が後を絶たない。

アクションしてください。

検察当局に以下の要請を盛り込んだ要請文を郵便、ファックス、ツイッター、インスタグラムで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは、最後の段落をご利用ください。

  • 2人に対する容疑を取り消す。
  • 健全な環境の権利を擁護して罪を問われることはないと定める法律に則り、自然保護や人権を求める人たちが嫌がらせなどを受けることなく活動できる環境を保障する。

要請文

Muttaqin Harahap, S.H., M.H.
Head of Langkat Regency Prosecutor’s Office
Jl. Proklamasi No.51, Kwala Bingai, Stabat District,
Langkat Regency, North Sumatra, Indonesia (20811)

Phone/Fax: (+62) 61-891-0166

Twitter and Instagram: @Kejarilangkat

Dear Prosecutor,

I am gravely concerned about the Langkat Regency Prosecutor’s Office’s decision to appeal the court verdict of Syamsul Bahri and Samsir, members of Nipah Farmer community in North Sumatra. According to information obtained by Amnesty International, no reliable evidence was presented during the trial that clearly demonstrates their involvement in any criminal activity. Convicted on what is feared to be spurious charges, it is believed that the men have been targeted for their work as environmental human rights defenders.

As individuals who peacefully conserve the environment and defend their access to land, Syamsul Bahri and Samsir should be protected as in accordance with Article 66 of Law No. 32/2009 on the Environmental Protection and Management, which stipulates that “every person who defends the right to a good and healthy environment shall not be prosecuted by criminal or civil offence.” Their criminalization does not only violate their rights, but also put the work and the rights of all human rights defenders at further risk in Indonesia.

I believe that Syamsul Bahri and Samsir should not have been convicted in the first place. Therefore, while the verdict exempted them from being sent to jail, I find the prosecutors’ appeal decision further troubling as I am afraid they might be wrongfully imprisoned. Furthermore, the spread of COVID-19 in prison would put their health at risk, specifically Syamsul Bahri who also suffers from diabetes and cholesterol that requires regular medication.

I, therefore, urge you to immediately ensure that the appeal is dropped. I also call upon authorities to ensure that all human rights defenders in the country can carry out their peaceful activities without fear of fear of harassment, intimidation, persecutions, arbitrary detention or imprisonment, in line with Article 66 of Law No. 32/2009.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む