最新情報:
2021年4月 4日 (更新情報)
更新履歴:
2021年3月 9日
国名:
インドネシア
対象者:
バーリとサムシール(男性)
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年4月 4日
UA No:
023/2021

北スマトラの農村のサムスル・バーリさんとサムシールさん父子は、森林の環境保護に取り組んできたが、その活動を敵視すると思われる何者かの訴えで起訴され、3月29日から裁判が始まる。容疑には根拠がない。十分な証拠に基づく公正な裁判が保障されなければならない。

北スマトラに位置するニパ農業コミュニテイに住むバーリ父子は、マングローブ林の再生、持続的環境の維持、村民の土地の権利保護などに取り組んできた。2017年末、インドネシア政府はニパ農業コミュニテイに対し、持続可能な森林の育成目的で242ヘクタールの土地の管理権を与えた。以来、コミュニテイはマングローブ林の再生に取り組んできており、その土地内にあるアブラヤシ農園を所有するパーム油会社に対し、土地の管理権利を求めてきた。

そんな中で事件が起こった。昨年12月半ば、見知らぬ男2人がコミュニティにやってきた。そのうち一人がいなくなり、もう一人が突然、川に飛びこみ、「殴られた」と叫んだ。村人はすぐさまその男を川から引き上げ、「殴られた」とはどういうことなのか、問い詰めた。その様子は、ビデオにも撮影された。

父子は今年2月10日、警察から呼び出され、男を襲撃した疑いで尋問された。父子は2月24日まで拘束された。3月初旬、警察は、検察と裁判所に供述調書を提出した。3月29日から始まる公判では、検察の起訴状読み上げが予想されている。2人が有罪なら、最高5年6カ月の刑を言い渡される。

この裁判の背景には、環境保護活動を苦々しく思う何者かによる意思が働いているのではないかというのが村の人たちの見方だ。森林保護に取り組む村人たちへの嫌がらせや脅迫は、インドネシアではよく発生している。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便またはメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。

  • 2人に対し国際基準に沿った公正な裁判を保障する。
  • 起訴は、信憑性ある証拠が十分あることを前提とする。そうでなければ、起訴を取り下げる。
  • だれにでも平和的な活動を保障する。

要請文

Dr. H. ST. Burhanuddin, SH., MH
Attorney General of the Republic of Indonesia
Attorney General’s Office (AGO)
Jl. Sultan Hasanuddin No. 1, Kebayoran Baru,
South Jakarta, Jakarta, Indonesia (12160)
Email: humas.puspenkum@kejaksaan.go.id and subbidhumas@gmail.com

Dear Attorney General,

I am writing to you to express my concerns about Syamsul Bahri and Samsir, members of Nipah Farmer community in North Sumatra, who are facing criminal prosecution amid their work to conserve the environment and to defend their access to land. They are being brought to trial under what many feared to be spurious charges that appear to be used to restrain the farmers’ work in rehabilitating a mangrove forest in the area and in defending their rights to a healthy and sustainable environment.

Syamsul Bahri and Samsir are accused of committing violence under the accusation of a man who witnesses say had fabricated the incident. While it is a relief that the father and son have been granted bail, I find the allegations against them troubling, with regards to the context of their work as environmental human rights defenders, who are increasingly subjected to criminalization, threats, and intimidation while doing their work to promote and protect human rights.

As you will be aware, Article 66 of Law No. 32/2009 on the Environmental Protection and Management stipulates that “every person who defends the right to a good and healthy environment shall not be prosecuted by criminal or civil offence.” Therefore, the criminalization of Syamsul Bahri and Samsir does not only violate their rights as protected by the law, but also put the rights and work of all human rights defenders, including those who peacefully claim their access to land, at further risks in the country.

I, therefore, urge you to ensure that Syamsul Bahri and Samsir’s fair trial rights are guaranteed in accordance with international standard. Prosecutions should only be brought when they serve the interest of justice, and is based on impartiality as well as sufficient, credible, and admissible evidence.

Otherwise, I call on you to terminate the proceedings if there is insufficient evidence. I also appeal the authorities to ensure that all human rights defenders and their families can carry out their peaceful activities without fear of persecutions in line with Article 66 of Law No. 32/2009.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む