最新情報:
2021年8月23日 (更新情報)
更新履歴:
2021年8月10日
国名:
ロシア連邦
対象者:
イオシレヴィッチ(男性)
期限:
2021年11月30日
配信日:
2021年8月23日
UA No:
034/2021

不当な容疑で起訴され勾留されていた市民運動家のミハイル・イオシレヴィッチさんが8月17日、保釈された。昨年10月、「好ましくない組織」を幇助した容疑で逮捕・起訴され、昨年末に一旦保釈されたが、今年1月に再勾留され、弁護人の要求を受け8カ月後、ようやく保釈された。イオシレヴィッチさんは、表現と集会の自由の権利を行使したために検察の標的となっている。当局は、起訴を取り下げて釈放し、イオシレヴィッチさんが平和的な活動ができるようにすべきだ。

イオシレヴィッチさんは、社会や政治に関心を持つ市民活動家で、反汚職運動をはじめとする活動を支持し、組織してきた。昨年10月、「好ましくない組織」に指定されたオープン・ロシア(ロシア開放財団)に協力した容疑で起訴された。検察は法律に基づき、「憲法秩序や防衛、国家の安全」を脅かすとみなした国際的なNGOを「好ましくない組織」に指定することができる。

だが、「好ましくない組織」を幇助した外国とつながる団体という容疑は、あきらかなでっち上げだ。同氏は、研修の場を提供したにすぎない。イオシレヴィッチさんは今年初旬、当局の「目撃者」を脅迫する電話をかけたとされるが、その人物への脅迫電話の音声は、同氏本人でないことは専門家の音声分析で明らかになっている。

「望ましくない組織」法は2015年、結社と表現の自由を締め付けたいロシア当局の政策の一環として制定された。同法では、国の秩序や安全に脅威を与えるとみなされた外国とかかわるNGOなどの組織が摘発対象になる。

今年7月、プーチン大統領は、NGO 団体の取り締まりを強化する法律に署名した。この法律は、他国の団体から資金提供をはじめとする支援を受ける国内の団体の活動を弾圧するために、恣意的に使用されている。現在、42の団体が、「望ましくない組織」にされている。

アクションしてください。

検察官に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文をファックス、メール、ツイッターでできるだけ早くお送りください。郵便は利用できませんのでご注意ください。

  • 不当な容疑で勾留されているミハイル・イオシレヴィッチさんを直ちに釈放し、訴追を取り消す。

要請文

Prosecutor of Nizhnii Novgorod Region
Andrey Aleksandrovich Travkin

Prosecutor’s Office of Nizhnii Novgorod Region
Fax: +7 831 461 85 26
Email: proc-nn@yandex.ru
Twitter: @procnn

Dear Prosecutor,

I am writing to express my dismay about the arbitrary detention and ongoing unfounded criminal prosecution of civil society activist Mikhail Iosilevich.

On 8 October 2020, Mikhail Iosilevich was charged under Article 284.1 of the Russian Criminal Code for his alleged cooperation with an “undesirable organization”. The investigators purport that he provided premises for a training conducted by Open Russia, an organization whose UK registered namesake is listed as “undesirable”. This is a “crime” only under Russian legislation, which contravenes Russia’s international human rights obligations and must be repealed. Moreover, the prosecution of Mikhail Iosilevich is completely unfounded; the training had been conducted by another organization, Golos, (a Russian movement of election monitors), and there is no evidence of his involvement with Open Russia.

On 30 January 2021, a district court remanded Mikhail Iosilevich for allegedly making a threatening phone call to a “witness” in his case. An expert examination of the audio recording of the alleged call concluded that it was not Mikhail Iosilevich’s voice. However, the Nizhnii Novgorod Regional Court rejected Mikhail Iosilevich’s appeal and supported his detention. His detention was subsequently extended, the last time until 28 August. It is expected that the case will be submitted to court shortly after. Mikhail Iosilevich has committed no internationally recognizable crime. He is being targeted for his peaceful activism and for the peaceful exercise of his rights to freedom of expression and association.

I urge you to ensure Mikhail Iosilevich’ immediate release and an end to his unfounded criminal prosecution.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む