最新情報:
2021年4月 4日
国名:
ドミニカ
対象者:
ドミニカ共和国の女性
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年4月 4日
UA No:
036/2021

ドミニカ共和国の下院議会では3月24日から、3つの状況で中絶を認める刑法改正案の審議が始まった。女性の権利を求める多数の人権活動家が今、議会の前に陣取り、一人でも多くの議員が、3つの状況での中絶を認める法案に賛成票を投じるよう訴えている。私たちも議会に対し、女性や少女の生命、健康、尊厳、自己決定などの権利を尊重し、守り、実現するという同国の人権上の義務を果たすために、今回の改正案の承認を要求する。

いかなる場合でも中絶を否定する法律は、深刻で緊急を要する公衆衛生上の問題を引き起こし、概して社会で最も弱い女性や妊婦の避けられたはずの死を招いている。これまで25年以上、50カ国以上が、女性の命や健康を守るうえで中絶の合法化が果たす不可欠な役割を認め、中絶を認める要件を拡大する法改正を行ってきた。

悲しむべきことに、ドミニカ共和国は、中絶を全面的に禁止し続けている数少ない国だ。中絶の取り扱いをめぐる刑法改正の議論を機会に、中絶を認める世界の流れに加わるべきだ。

人権活動家らが、中絶の非犯罪化を要求するのは次の3つの状況だ。妊娠により妊婦の命が危険な状況、出産しても胎児の生存の可能性がない状況、強かんや近親相かんにより妊娠した状況の3つだ。この要求は、公衆衛生の専門家から支持され、人権基準にも沿っている。世界保健機関(WHO)は、中絶を禁止しても当初の目論見通りに中絶数を減らすことができず、秘密裏に危険な中絶を受けることになるだけだとの見解を出している。他の国際的な医師会や医学界も中絶の非犯罪化を支持している。さらに、国連の拷問禁止委員会や人権委員会などが、中絶を認めないことで女性に深刻な苦しみを与える場合があるとしている。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文をメールまたはツイッターで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは要請文最後の段落をご利用ください。

  • ドミニカ共和国は、女性や少女の生命、健康、尊厳、自己決定の権利を尊重し保護するために、国際人権法に沿った3つの状況での中絶を認める法改正を成立させる。

要請文

Mr. Alfredo Pacheco,
President of the Chamber of Deputies

E-mail: a.pacheco@camaradediputados.gob.do
Twitter: @Pachecoalfredoo

Dear Alfredo Pacheco,

The decriminalization of abortion in the Dominican Republic cannot be postponed. Dominican Republic’s current legislation that outlaws abortion under all circumstances causes a serious and urgent public health problem, leading to avoidable deaths of women and pregnant people, generally from the most vulnerable sectors of the population.
Over the last 25 years, more than 50 countries have changed their laws to allow for greater access to abortion, recognizing the vital role that access to safe abortion plays in protecting lives and health. Sadly, the Dominican Republic continues to be amongst the last countries in the world to maintain a complete ban on abortion. The current debate over the reform of the country’s criminal code represents an historic opportunity to change this situation and stand on the right side of history.

Right now, human rights activists across the Dominican Republic are demanding that the reform of the country’s criminal code includes the decriminalization of abortion in three limited circumstances: when the pregnancy poses a risk to the life of a pregnant woman or girl, when the fetus could not survive outside the womb, and when the pregnancy is the result of rape or incest. Their demands are widely supported by human rights standards, as well as by public health experts. The World Health Organization, along with prominent medical associations, support the decriminalisation of abortion, asserting that criminalisation does not have the intended effect of reducing the numbers of abortions and only leads to women seeking unsafe clandestine abortion that put their lives and health at risk.

Additionally, the UN Committee Against Torture and several international committees on human rights have found that denying women access to abortion services can, in certain circumstances, cause suffering that is so severe it could amount to torture.

Therefore, I call on to you to meet the Dominican Republic’s obligations under international human rights law to respect, protect, and fulfil the rights of women, girls and life, health, autonomy and dignity by approving a new criminal code that decriminalizes abortion in the three circumstances outlined above.

Yours sincerely,

英語でUAを読む