最新情報:
2021年4月28日
国名:
イラン
対象者:
ジャムシッド・シャーマハッド(男性)
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年4月28日
UA No:
041/2021

Jamshid Sharmahd

イランとドイツの国籍を持つ反体制活動家ジャムシッド・シャーマハッドさん(66歳)は、きわめて不公正な裁判により死刑判決を受けるおそれがある。昨年8月から8カ月以上、法的根拠もなく勾留されてきた。「強制失踪」(当局に理由もなく拉致され、行方不明の状態)同然だ。公正な裁判手続きもなく、弁護人や支援者との連絡も許されていない。公正な裁判を受ける権利を侵害さている上、強要された「自白」をイランの国営テレビで放映された。シャーマハッドさんは、深刻な体調不良にあるにもかかわらず、必要な治療を受けていないおそれがある。

米国在住のシャーマハッドさんは、イランの反体制組織「イラン王国議会」のスポークスパーソンを務めていた。組織は米国に拠点を置き、イスラム共和制の打倒を目指し、イラン革命前のイランに回帰する活動を行っている。シャーマハッドさんは、イラン議会のウェブサイトを立ち上げ、ラジオ番組の司会やビデオ映像の配信もしてきた。組織は、時に暴力も辞さない。ウェブサイトでは、イラン国内の爆破事件の犯行声明も出されていた。

昨年8月1日、イラン情報省は、シャーマハッドさんを拘束したことを発表した。情報相は、シャーマハッドさんが「米国とイスラエル諜報機関の強力な支援を受けてきた」とした上で、「複雑な作戦によりイランに連れてこられ、諜報機関が身柄を確保した」と語った。しかし、大方の見解は、アラブ首長国連邦(UAE)に滞在中に拉致され、強引にイランに連れ去られたというものだった。

シャーマハッドさんが強要されて「自白」する様子が、イラン国営テレビで繰り返し放送された。また、今年1月に配信されたプロパガンダビデオは、「自白」をイラン王国議会の映像とともに流し、シャーマハッドさんが同団体のリーダーであり、「テロリスト」であると決めつけた。シャーマハッドさんの家族は、同氏が暴力的活動に関与しているというイラン当局の主張を否定している。

ドラマシリーズ「セーフ・ハウス(Safe House)」には、シャーマハッドさんがイラン議会のメンバーで、米国やイスラエルとつながりがあり、秘密任務を担っているというエピソードが盛り込まれた。情報相は2月14日のメディアインタビューで、イラン情報省がこのテレビドラマの制作に関わったことを認めた。

2010年、組織のメンバー2名が、きわめて不公平な裁判の末、「神への敵意」の罪で死刑を執行された。従って、シャーマハッドさんも死刑を受けるのではないかと懸念されている。

昨年11月下旬頃の電話で、シャーマハッドさんは家族に、テヘランのエビン刑務所に勾留されていると伝えた。今年3月23日の電話では、「体重が20キロ落ち、歯を数本抜かれた」と話したが、それ以上は口を閉ざした。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便でできるだけ早く送ってください。

  • 恣意的に勾留されているシャーマハッドさんを直ちに釈放する。
  • 釈放されるまではシャーマッドさんに対し、十分な医療、私選弁護人との面会、ドイツ領事館職員の支援、家族との定期的対話などを認める。
  • 容疑が、国際法が定める犯罪に基づくなら、国際法上の公正な裁判手続きに沿って審理する。強要された自白や死刑判決は、排除する。

要請文

Head of judiciary, Ebrahim Raisi
c/o Embassy of Iran to the European Union
Avenue Franklin Roosevelt No. 15, 1050 Bruxelles, Belgium

Dear Mr Raisi,

German-Iranian political dissident Jamshid Sharmahd, aged 66, has been arbitrarily detained for over eight months in connection with his involvement in the Kingdom Assembly of Iran, an Iranian opposition group that advocates for the overthrow of the Islamic Republic system. Since December 2020, the authorities have subjected him to circumstances akin to an enforced disappearance by holding him in unidentified locations, thereby placing him outside the protection of the law and at serious risk of torture and other ill-treatment, which is systematically used by interrogators during the investigation stage for extracting forced “confessions”. He is only able to call his family periodically and in the presence of intelligence agents, thus limiting his ability to speak freely. Amnesty International fears that he is also being held in solitary confinement and denied the ongoing specialized medical care and daily medications that he requires for his serious health conditions, including diabetes, heart disease and Parkinson’s disease. The authorities are refusing to provide his family with information about his access to health care.

Since his arbitrary detention in late July 2020, which involved, according to Iran’s minister of intelligence, bringing him back to Iran through a “complex operation”, the prosecution authorities have denied Jamshid Sharmahd his right to be represented by a lawyer of his own choosing. He has been forced to select his lawyer from a list approved by the head of the judiciary and has only been allowed to meet with this lawyer once. State TV has aired multiple propaganda videos which show Jamshid Sharmahd “confessing” to having a role in the April 2008 explosion in Shiraz, Fars province, where 14 people were killed, in violation of his right to the presumption of innocence as well as the right not to self-incriminate. They have further denied him the right to be brought before an independent, impartial public tribunal to challenge the lawfulness of his detention and assess whether sufficient legal reasons and evidence for detention exist or whether his release should be ordered.

As an older person with pre-existing conditions, Jamhid Sharmahd is at heightened risk of severe illness or death if he contracts COVID-19 while in pre-trial detention. In light of this and the fact that he is arbitrarily detained, I call on you to release him. Pending his release, ensure that he is provided with adequate medical care, a lawyer of his choosing, consular assistance from the German authorities and regular communication with his family. If charged with an internationally recognizable criminal offence, he must be tried in accordance with international fair trial standards in proceedings that exclude coerced “confessions” and without recourse to the death penalty.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む