最新情報:
2021年6月23日
国名:
ネパール
対象者:
ネパールの高齢者(男女)
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年6月23日
UA No:
071/2021

ネパールでは3月半ばまでに、140万人以上の高齢者が、アストラゼネカのワクチンの1回目の接種を受けたが、3カ月たっても2回目接種のめどがたっていない。新型コロナウイルス感染症が再び増加する中、2回の接種を終えた人は、人口の2.4%にすぎない。ワクチンが予定通りに届いていないからだ。国際社会、特に英国のように大量のワクチンを保有する国は、ネパールが必要とする量を今すぐ提供する必要がある。そうでなければ、140万の市民の健康と生存の権利が脅かされる。

140万人の多くは、重症化リスクが高い65歳以上で、3月7日から15日にかけてオックスフォード/アストラゼネカのワクチンを初めて接種した。2回目は2~3カ月後、6月末から7月上旬の予定だ。ところが、ワクチンがなく他国の支援を必要としている。感染の再拡大でワクチン接種が急がれるだけに、すでに1回目を終えた人が、2回目が間に合わないために、接種をやり直すという不幸な事態を避ける必要がある。

ネパールではこの4月以降、新型コロナの第2波が発生し、脆弱な医療が逼迫し、全市民の健康が危機に直面してきた。医療制度が崩壊の瀬戸際にある上に、南アジアの他の国と同様、ワクチンの供給が大幅に足りない。今日まで、ネパールで2度のワクチン接種を受けたのは人口の3%未満にすぎない。

ワクチン接種率の高い国々は、ワクチンを必要とする他の国にワクチンを提供すべきだ。たとえは現在、英国は人口の60%、米国は53%の人々が少なくとも1回の接種を受けている。また、中低所得国にワクチンが行き渡るよう支援する世界的な取り組みのCOVAX (コバックス)が十分機能していない。より多くの国がCOVAXなどの国際的な枠組みに参加し支援することで、協力体制を強化し、ネパールを含む国で、速やかに全市民にワクチンが行き届くようにしなければならない。

ネパール政府の発表では6月16日現在、新型コロナ感染症で亡くなった人は、8,558人だが、ワシントン大学医学部保健指標評価研究所(IHME)は、3カ月以内に死者総数は34,887人になると予測している。感染症で亡くなっている背景には、医療用酸素の不足、病院のベッド、人手、機器などの不足で、新たな患者を受け入れられないことがあるとされている。

アクションしてください。

英語で英国の首相に以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便かメールで、できるだけ早く送ってください。

  • 遅くとも7月5日までにワクチン140万回分をネパールに提供する。
  • すべての国の市民に公正にワクチンが行き渡るよう、各国はCOVAXなどの世界的な枠組みを通して、追加のワクチンを提供し、また、他の国にも支援を呼びかける。
  • 世界貿易機構の特許の一時権利放棄規定を支持し、多数の製薬会社がワクチン開発に乗り出し、世界的レベルでのワクチン供給量を押し上げ、必要な全ての国に行き渡るようにする。

要請文

Rt Hon Boris Johnson MP

Prime Minister
10 Downing Stree
t
London

SW1A 2AA
Email: pmpost.int@no10.gov.uk

Dear Prime Minister,

I am writing to bring your urgent attention to the deadly wave of Covid-19 in Nepal and to request immediate support from your government to address the dangerous and acute shortage of Oxford-AstraZeneca vaccine supplies, which puts the lives of hundreds of thousands of people at risk.

It is distressing to learn that the more than 1.4 million Nepali people, who belong to high-risk groups and received their first vaccine doses of Oxford-AstraZeneca in March 2021, have been unable so far to get their second doses. While it is welcome that the UK has already supported the COVAX Facility, unfortunately this has not been enough, as several lower- and middle-income countries, including Nepal, face glaring vaccine gaps, while wealthier countries have ordered vaccines well beyond their requirements.

The UK has unique strong current and historic ties with Nepal. The UK is the largest bilateral donor to Nepal and thousands have served in Britain’s armed forces. Owing to this, and as the current chair of G-7, I am appealing to you to urgently look to directly supply Nepal with additional vaccine doses, in order to prevent the damaging risk to the health and lives of hundreds of thousands of Nepali citizens who would otherwise be left without access to a second dose. To date, Nepal has only fully vaccinated 2.4% of its population. At this rate, it will take more than 10 years for Nepal to vaccinate 70% of its population.

Nepal is only one example of many countries facing acute vaccine shortages, which can only be resolved in the long term by ensuring that intellectual property rights are not a barrier to much-needed increased global production by a wider range of manufacturers and fair distribution across countries.

Therefore, I call on you to:

  • Provide immediately 1.4 million Oxford-AstraZeneca vaccines to Nepal so that this group of people can be fully immunized by June 27 to July 5;
  • Share urgently additional vaccine doses and encourage others to do the same, preferably through initiatives such as COVAX so all countries have a fairer access to Covid-19 vaccines and can immunize their population in a timely fashion, especially priority groups who are most at risk;
  • Support the World Trade Organization’s TRIPS waiver, which lifts intellectual property rights restrictions, and push pharmaceutical companies to share their knowledge and technology with other manufacturers to maximize global supply of much-needed Covid-19 vaccines.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む