最新情報:
2021年7月 6日
国名:
中国
対象者:
リンチェン・ツルトゥリム(男性)
期限:
2021年9月30日
配信日:
2021年7月 6日
UA No:
072/2021

Rinchen Tsultrimチベットの僧侶、リンチェン・ツルトゥリム(仁青持真)さん(29歳)は、不公正な裁判で昨年3月に4年半の実刑を言い渡された。家族は、判決の1年後にリンさんが四川省成都市の刑務所に収監されていることを当局から知らされた。しかし、健康状態やどんな罪を犯したのか、詳細は未だに知らされていない。家族は、WeChat(ウィーチャット)や自身のウェブサイトで政治的意見を述べたことが収監の理由だと考えている。リンさんは家族や弁護人との面会を許されず、体調が非常に懸念されている。

リンチェン・ツルトゥリムさんは、四川省アバ・チベット自治区の修道院の僧侶だった。2008年のチベット騒乱の際、リンさんはWeChatや「チベット懐疑論」という名の自身のウェブサイトで政治的意見を発信し始めた。2018年、公安当局から、中国政府の政策を批判するような意見を書かないよう警告を受けた。その後、検閲が繰り返され、ウェブサイトは閉鎖に追い込まれた。

チベット民族が住む地域と新疆ウイグル自治区では、「反分離主義」「反過激主義」「対テロ」の名のもとに、チベット民族やウイグル民族に対する厳しく広範な規制や弾圧が行われてきた。チベット地域と他の地域間の出入りは厳しく制限され、特にジャーナリスト、学者、人権擁護団体への制限は厳しく、人権状況の調査が非常に難しくなっている。

昨年6月、国連人権専門家50人が、新疆とチベットにおける宗教弾圧と民族弾圧で中国政府を強く批判した。10月には、国連加盟国39カ国が、チベット、新疆などの自治区の人権状況への重大な懸念を表明する合同声明を出した。さらにこの6月には、他の国連加盟国44カ国も、同様の合同声明を出した。

今年2月に発布された法律は、宗教集団が中国共産党の指導に従い、宗教の中国化を持続し、社会主義思想に基づいて行動しなければならないと定めている。政府は、宗教的な教えと行動を国家のイデオロギーに沿うものに変えさせ、公認・非公認を問わず宗教集団を全面的に管理することを目論む。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を郵便でできるだけ早く送ってください。

  • 国際的に犯罪として認められる不正を働いたことを示す確かで十分な証拠と、国際基準に沿った公正な裁判を受けられる保証がなければ、即時無条件にリンチェン・ツルトゥリムさんを釈放する。
  • 即時に拘禁場所を明らかにし、家族や弁護人と制限なく面会でき、虐待や暴力を受けることがないよう保証する。

要請文

Director Chen Zhilin
Sichuan Province Prison Administration Bureau
No. 1, Binjiangzhong Lu, Chengdu
610020 Sichuan Province
People’s Republic of China

Dear Director Chen:

I am writing to express my concern about Rinchen Tsultrim (仁青持真), a Tibetan Monk who was sentenced to four years and six months imprisonment in March 2020 without any known trial.

It is distressing to learn that Rinchen Tsultrim’s family members only learned about his sentence when the Aba Tibetan and Qiang Autonomous Prefecture Public Security Bureau informed them in March 2021 that he was in a prison in Chengdu. In March 2020 his family received official information that he was suspected of “inciting separatism”. However, no other official information about his condition or even the charges he was convicted of have been shared with his family to date.

Rinchen Tsultrim’s family believe that his imprisonment is related to his expression of his political views on his WeChat account and personal website. According to international human rights law and standards, no one should be imprisoned solely for peacefully exercising their right to freedom of expression.

I am alarmed to learn that Rinchen Tsultrim appears to have been held incommunicado since 1 August 2019. Without regular access to family and legal representation, I am gravely concerned about his condition and wellbeing.

I therefore call on you to:

  • Release Rinchen Tsultrim unless there is sufficient, credible and admissible evidence that he committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards;
  • Pending his release, disclose Rinchen Tsultrim’s whereabouts and ensure that he has regular, unrestricted access to his family and lawyers of his choice and is not subjected further to torture or other ill-treatment.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む