最新情報:
2021年10月27日
国名:
イラン
対象者:
死刑囚2人(男性)
期限:
2021年11月 2日
配信日:
2021年10月27日
UA No:
083/2021

イランの青年、アーマン・アブドラリさん(25歳)は、17歳の時の犯罪で今にも死刑が執行されるおそれがある。世界中からの抗議を受けて、司法当局は10月、死刑の執行を見送った。これで執行の延期は3度目となる。しかし10月20日、アーマンさんはまたしても、1週間以内に処刑されると告げられた。もう一人の青年、ホセイン・シャーバジさんも17歳のときの犯罪で死刑を宣告され、国際的な働きかけで、7月に予定されていた処刑は延期された。しかし、依然としていつ処刑されるかわからない状況が続いている。2人の取調べには、拷問による「自白」など重大な人権侵害があるほか、いずれの司法手続きも公正さを欠いてきた。

アーマンさんは、17歳の時、失踪したガールフレンドの殺人罪に問われ、2015年、死刑を宣告された。裁判官は判決文の中で、アーマンさんが何の証拠も残さずに犯行に及んでおり、被告には分別があり、犯罪とその結果を理解しているものとみなされるとした。また、児童青年裁判アドバイザーが、「アーマンさんは犯した罪の忌まわしさを理解していた」と発言したことも、死刑判決の拠り所にされた。

2016年の最高裁でも死刑判決が支持された。その結果、アーマンさんは昨年1月、死刑執行が予定されたが、国際的な抗議を受け、執行は延期された。その後、件の児童青年裁判アドバイザーが、「当時アーマンさんと一度も面会せず、裁判資料に目を通さず、被告人の性格について調べもせずに意見を述べたことを後悔しているとして、前回の意見を撤回する」と語った。この撤回表明を受け、翌2月、最高裁はアーマンさんの再審を認めた。

刑事裁判所で再審での争点は主に、犯行時、被告には成人と同等の分別があるとの判断に疑いの余地があるか否か、減軽に値するか否か、に絞られた。だが、昨年9月の審理で、裁判官は、事件から何年も経ち、被告の「分別度」を判断するには無理があり、この判断を覆す証拠が不在だとした上で、「十分な犯罪責任があるという明白な推定が成り立つ」と裁定した。そして今年2月、この判決が、最高裁に支持された。

ホセイン・シャーバジさんは、2018年に逮捕され、11日間にわたる取調べ中、親にも弁護人にも会うことができなかった。ホセインさんの死刑判決の際も裁判所が拠り所としたのは、犯罪時、殺人の重大性を十分理解する「成熟度」があったとする法医学会の意見だった。医学会が少年時の犯罪で死刑を言い渡すことに深く関わり、子どもの生きる権利を踏みにじっていると言える。

アムネスティは以前、イランの法医学会に対し、子どもの権利侵害に結びつく発言を控えるように訴えた。また、18歳未満の子どもは、成人より成熟度で劣るという国際的な合意に従った対応を取ることも求めた。

18歳未満時の犯罪への死刑の適用の絶対的禁止は、市民的、政治的権利に関する国際規約と子どもの権利条約にも規定されている。慣習国際法の絶対規範であり、すべての国を拘束する規定だ。

イランでは現在、少年時の犯罪で死刑判決を受けた死刑囚が18人いる。昨年は、少なくとも3人が死刑を執行された。昨年、同国の死刑執行総数は、少なくとも246件だった。

アムネスティは、犯罪の種類や状況、犯罪の有無、個人の特質、執行方法などを問わず、例外なく死刑に反対する。

アクションしてください。

EUのイラン大使館気付でイランの司法長官に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文を郵便でできるだけ早くお送りください。

  • 直ちに2人の執行を停止し、裁判をやり直す。
  • 再審では、国際法と子どもの権利原則に沿った公正な審理をする。
  • 子どもの権利条約に沿って、少年犯罪への死刑の適用の全面廃止に向けた手続きを開始する。

要請例文

Head of judiciary, Gholamhossein Mohseni Ejei
c/o Embassy of Iran to the European Union
Avenue Franklin Roosevelt No. 15, 1050 Bruxelles, Belgium

Dear Mr Gholamhossein Mohseni Ejei,

Arman Abdolali, now aged 25, is facing imminent execution in Raja’i Shahr prison in Karaj, Alborz province, for a crime that took place when he was 17 years old. On 17 October, he was transferred to solitary confinement in preparation for his execution on 20 October. Following a global outcry, on 19 October, Iranian authorities postponed Arman Abdolali’s execution and transferred him back to the general ward. He has since learned that his execution would be carried out within one week, which would be about 27 October. His most recent request for retrial to the Supreme Court, filed 17 October, remains pending. Arman Abdolali was previously scheduled for execution on 13 October and 16 October 2021, as well as in July 2021 and January 2020, in violation of Iran’s obligations under international law not to use the death penalty against people who were under 18 at the time of the crime. Arman Abdolali was first convicted of murder and sentenced to death in December 2015 following a grossly unfair trial, in which the court relied on torture-tainted “confessions”. The court also stated that the circumstances of the crime indicated that he had attained “maturity” and, therefore, merited the death penalty as per Article 91 of the Islamic Penal Code. The Supreme Court upheld the conviction and sentence in July 2016. The trial and appeal verdicts noted Arman Abdolali’s claims that he was held in solitary confinement for 76 days, repeatedly beaten to “confess” and denied his inhaler but failed to order an investigation. In February 2020, the Supreme Court granted Arman Abdolali a retrial mostly based on possible doubts over his “maturity”, and in September 2020 Criminal Court One of Tehran Province sentenced him to death again despite acknowledging that it was impossible to assess his “maturity” seven years after the crime.

Hossein Shahbazi, aged 20, is also at risk of imminent execution in Adelabad prison in Shiraz, Fars province, after being sentenced to death in a grossly unfair trial for a crime committed when he was 17 years old. His execution was scheduled for 25 July 2021 and postponed following an international outcry. Hossein Shahbazi’s request for retrial, filed 20 June 2021, remains pending before the Supreme Court.

I ask you to immediately halt the execution of Arman Abdolali and Hossein Shahbazi. I call on you to quash both their convictions and sentences and grant them fair retrials in full compliance with international law and the principles of child justice, excluding coerced “confessions” and without resorting to the death penalty. I also urge you to take immediate steps to completely abolish the use of the death penalty against child offenders, in line with Iran’s obligations under international law including the Convention on the Rights of the Child.

Yours sincerely

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む