最新情報:
2021年9月15日
国名:
ブルンジ
対象者:
トニー・ジャメイン・ンキナ(男性)
期限:
2021年11月30日
配信日:
2021年9月15日
UA No:
092/2021

弁護士トニー・ジャメイン・ンキナさんが6月15日、カヤンザ州の裁判所で5年の実刑を言い渡された。ンキナさんは、「ブルンジを攻撃した反逆者に協力した」罪に問われていた。判決後、控訴した。検察が提出した証拠によると、ンキナさんは過去の人権活動を問題視されていることがわかる。アムネスティは、人権活動で罪に問われているンキナさんの即時無条件釈放を求める。

人権団体人権・被拘禁者保護協会(APRODH)が2015年に閉鎖に追い込まれるまで、カヤンザ州代表をしていたンキナさんは、ルワンダに逃れた同団体の創設者ピエール・クラベール・ムボニンパさんに情報を提供してきた。ムボニンパさんは、2015年に暗殺されるところを辛くも逃れたが、息子と義理の息子の2人が射殺された。同団体の別の州代表は、2017年に逮捕され、2018年にンキナさんと同様の罪状で5年の収監刑を宣告されている。

ブルンジ当局は、2015年から市民団体や報道機関への弾圧を始めた。弾圧を受けたほとんどの団体・機関が、活動停止に追い込まれた。

今年、ヌダイシミエ大統領が報道機関向けの声明で人権擁護に向けた複数の提案をしたものの、当局は依然として人権活動に否定的で表現の自由の権利などの規制を続けている。また、活動家やジャーナリストら34人が、2015年のクーデター未遂に関与した疑いで、2020年に本人不在のまま終身刑を宣告されている。

当局が、亡命中の指導的人権活動家に逮捕状を発行する中、ほとんどの人権団体は活動を再開できずにいる。

アクションしてください。

法務大臣に以下の要請を盛り込んだ要請文をメールでできるだけ早く送ってください。郵便は利用できませんのでご注意ください。

  • ンキナさんの訴追を直ちに無条件で取り消し、同氏を釈放する。釈放するまでは、弁護人や家族との自由な面会を認め、ンキナさんが暴力的扱いを受けないことを保障する。

要請文

Jeanine Nibizi
Minister of Justice
minjustice@gmail.com / infos@burundi.justice.gov.bi

Dear Minister,

I am concerned about the wrongful conviction of lawyer Tony Germain Nkina to five years in prison on unfounded charges of “collaboration with rebels who attacked Burundi.”

Tony Germain Nkina was arrested on 13 October 2020 in the northern province of Kayanza, Burundi, accused of collaborating with the armed opposition group, RED-Tabara (Resistance for the Rule of Law), which the government has accused of being responsible for a series of armed attacks that had occurred in Kayanza province in early October 2020. Tony Germain Nkina was arrested while visiting a client in Kabarore commune – a locality that was attacked. He was interrogated and held at the office of the National Intelligence Service (SNR) in Kayanza, then transferred to police custody before being transferred on 16 October,to Ngozi Prison, in Ngozi Province where he remains in detention.

On 15 June, the Court of Kayanza sentenced Tony Germain Nkina to five years in prison and a fine of one million Burundian francs ($USD 500). On 12 August, the Appeal Court of Ngozi postponed the appeal hearing to 2 September on Tony Germain Nkina’s request, to allow him and his lawyers to prepare for the appeal.The prosecution alleged that Tony Germain Nkina had travelled to Rwanda to give information to Burundian human rights defender, Pierre-Claver Mbonimpa, founder and president of the Association pour la protection des droits humains et des personnes détenues (APRODH), and to RED-Tabara, without any evidence to substantiate these allegations. Pierre-Claver Mbonimpa currently leaves in Europe.

Tony Germain Nkina was APRODH’s representative in Kayanza province, until the organization was suspended in 2015 as part of a crackdown on civil society groups involved in protests against the late President Pierre Nkurunziza’s third term. Amnesty International believes Tony Germain Nkina is being prosecuted solely because of his former human rights work and connections with APRODH, in violation of his rights to freedom of expression and association.

In light of the above, I call upon you to instruct the Prosecutor General of the Republic to ensure that Tony Germain Nkina is immediately and unconditionally released and that all the charges against him are immediately dropped. Pending his release, I urge you to ensure that he has full access to his lawyers and family and is protected from torture and other ill-treatment.

Yours sincerely,

英語でUAを読む