最新情報:
2021年10月 7日
国名:
チュニジア
対象者:
ヤシネ・アヤリ(男性)
期限:
2021年11月30日
配信日:
2021年10月 7日
UA No:
097/2021

チュニジアの国会議員ヤシネ・アヤリさん(40歳)は、2018年にフェイスブックで軍を批判したことを理由に、軍事法廷で2カ月の実刑判決を受け、今年7月28日から刑に服している。また、今年7月25日、議会の停止を発表したサイド大統領を批判してその行為を「クーデター」と呼んだため、新たに起訴された。アヤリさんは9月7日、刑務所の対応に抗議してハンストに入った。

前政権の統治に反対していたエンジニアのアヤリさんは、2018年の選挙で国会議員に当選した。翌年、政治運動体「希望と労働」を立ち上げ、2019年の選挙でも1議席を得た。

アヤリさんは3年前の投稿で、大統領が議会を停止する措置を取ったことに「(ローマ皇帝)ネロの支配下で1日生きるより、不完全な民主主義の中で生きるほうが1000倍もましだ」と書いた。この投稿が名誉毀損とみなされ、2018年8月に実刑2カ月の判決を受けた。しかし、国会議員は刑の執行を免除されるため、収監はまぬがれた。

ところが、今年7月25日、大統領が議会の閉会を宣言し、同時に議員特権を撤廃した。7月30日、アヤリさんは、自宅に踏み込んできた警察に連行され、3年前に受けた実刑判決が執行され収監された。8月24日、弁護士はアヤリさんの仮釈放を申請したが、却下された。

3月15日には、チュニス空港から出国しようとした女性が、不当にも出国を認められなかっため、女性とその場に居合わせた国会議員10人と治安警察が押し問答になった。この10人がのちに軍当局に起訴され、裁判を受けることになった。その女性の弁護士も9月2日に拘束され、軍の名誉毀損容疑で勾留された。 

軍などの国の諸機関への「名誉毀損」容疑での起訴は、市民的および政治的権利に関する国際規約に反する。2011年、国連人権委員会は規約の実施を査察し、言論の自由を義務付けるガイドラインを政府側に送っている。

アクションしてください。

チュニジア大統領に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文をファックス、メール、ツイッターでできるだけ早くお送りください。なお、現在、郵便は利用できませんのでご注意ください。

  • 大統領はアヤリさんを直ちに釈放するよう指示する。また、軍は、起訴を直ちに取り下げる。彼の行為は表現の自由を行使したに過ぎない。
  • 当局は、市民を告発して軍事法廷で裁くのをやめる。また市民の声を封殺する道具となっている名誉毀損法の使用を停止する。

要請文

President of the Republic, Kais Saied
Route de la Goulette, Site archéologique de Carthage, Tunisie
Email: contact@carthage.tn

Dear Your Excellency,

I write to you to express my grave concern at the prosecution of Yassine Ayari, a member of parliament, by the Tunis military court, in a breach of the right to freedom of expression and international standards.

While in the Mornaguia prison, Yassine Ayari was summoned for interrogation by military prosecutors in a new case against him. According to his lawyer, the military prosecutor opened an investigation into four Facebook posts he published on 25, 26, 27 and 28 July. In his online statements, which Amnesty International reviewed, Yassine Ayari fiercely criticized what he considered an abuse of power by the President, calling the 25 July decision to suspend the parliament "a military coup with foreign planning and coordination," and using words such as "Pharaoh" and "silly" to characterize the President.

Yassine Ayar is being punished for exercising his protected right to free expression. Criticism of the President's seizure of exceptional powers on 25 July 2021, or of the army's move to close the parliament and prevent parliamentarians from entering its premises, or calling this “a coup”, are all legitimate political criticism protected by Article 19 of the International Covenant on Civil and Political Rights, which Tunisia is bound by. Prosecuting Yassine Ayari under article 91 of the Code of Military Justice, which criminalizes defaming the army, violates Tunisia’s obligations under international law and is a cynical attempt to silence critics of the President and intimidate those who do not agree with the President’s suspension of parliament.

Yassine Ayari is also facing seven other prosecutions in cases before civilian courts, all stemming from his Facebook posts commenting on corrupt practices, including accusing political parties or their leaders of conflicts of interest and embezzlement - all of which is protected speech and should not warrant criminal prosecution. On 7 September, Yassine Ayari started a hunger strike to protest his unjust imprisonment and his prison conditions. He has denounced the fact that prison authorities have not allowed him to receive letters from his supporters or family.

I call on Your Excellency to release Yassine Ayari immediately and to drop the military prosecution against him, which stem from his exercise of his freedom of expression. I also call on the authorities to stop the prosecution of civilians before military courts and to halt the use of defamation laws as a repressive tool against critical voices.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む