最新情報:
2021年11月12日
国名:
インドネシア
対象者:
アザール(男性)とマウリディヤンティ(女性)
期限:
2021年12月31日
配信日:
2021年11月12日
UA No:
107/2021

Fatia Maulidiyanti

Haris Azhar

ハリス・アザールさんとファタ・マウリディヤンティさんが、海事・投資担当調整相に名誉棄損容疑で告発され、取調べを受けている。警察によれば、2人は、鉱山会社の事業に軍関係者数人が関与した疑いがあると報告した文書のことについて話し合い、その対話を動画に撮り、ユーチューブで公開した。この公開が問題視された。このまま捜査が進めば、2人は、表現の自由の権利を行使しただけで、電子情報取引法違反で実刑6年を受けるおそれがある。

ハリス・アザールさんとファタ・マウリディヤンティさんは、インドネシアで知られた人権擁護活動家だ。アザールさんは、人権団体の代表も兼ねている。マウリディヤンティさんは、スハルト政権時代から人権侵害を告発し被害者の支援をする団体コントラスで活動してきた。

2人が動画をアップしたのは、8月20日だった。動画の投稿を問題視された2人は、海事・投資担当調整相から2度にわたり、呼び出しを受けた。報道官によれば、呼び出し目的は、ユーチューブに公開した会話の動機や意図、目的の説明を求めることだった。調整相は、会話には誤った見解や中傷が含まれ、フェイクニュースの情報も入っているという。

アザールさんの8月29日の話では、対話で話したことは、報告書「パプアにおける軍の配置の政治的経済的研究」に記載されているという。この文書の中で、鉱山開発に数名の軍関係者が関与していることが指摘されている。8月になって複数の民間団体がこの問題を取り上げた。法的支援機構、ワルヒ・ナショナルエクゼキュティブ、ワルヒ・パプア、LBHパプア、コントラス、JATAM、グリーンピース・インドネシア、トレンド・アジアなどの団体だ。

9月22日、調整相は2人を電子情報取引法に違反したとして告発し、1000憶ルピー(おおよそ153億円)の賠償金の支払いを求めた。10月21日、2人は、調整相と協議するために警察に出向いたが、調整相が欠席したため、調停は無期限に延期された。

アムネスティ・インドネシア支部によると、今年1月からの10カ月間に、人権団体が、団体や個人から受けた告発、逮捕、攻撃、脅迫が、少なくとも282件にのぼる。そのうち少なくとも81件が、電子情報取引法違反での告発で、そのほとんどが名誉棄損容疑だ。

アクションしてください。

当局に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文を郵送、メール、ツイッターでできるだけ早くお送りください。ツイッターでは、要請文の最後の段落をご利用ください。

  • 両名に対する捜査を停止する。
  • 人権活動家が脅迫や取調べをおそれることなく、活動できるようにする。
  • 人権活動の弾圧に電子情報取引法の適用をやめ、名誉毀損の疑いがあれは、刑事ではなく民事で対応する。

要請例文

General Listyo Sigit Prabowo
Chief of Indonesian National Police
Indonesian National Police Headquarter
Jl. Trunojoyo No.3, Jakarta Selatan
DKI Jakarta 12110
Email: mabes@polri.go.id
Twitter: @ListyoSigitP

Dear Mr.Prabowo,

I am writing to express my concern about two human rights defenders, Haris Azhar and Fatia Maulidiyanti, who were reported to the police by the Coordinating Minister for Maritime and Investment Affairs on allegations of defamation under the Electronic Information and Transactions (ITE) Law. I have learnt that this law has been misused to criminalize hundreds of people since 2016 simply for exercising their right to freedom of expression.

It is distressing that Azhar and Maulidiyanti may face criminal charges for simply exercising their right to freedom of expression, a human right that is guaranteed under both international and national law. From what I have learnt, the allegations relate to Azhar’s YouTube channel video, in which Azhar and Maulidiyanti discuss a report about alleged connections between military operations and mining activities in Intan Jaya Regency, in Papua.

Indonesia has shown an alarming trend in criminalizing human rights defenders and repressing the right to freedom of expression. Apart from the case against Azhar and Maulidiyanti, I am aware that Amnesty International Indonesia has found that between January and October 2021, at least 282 human rights defenders have been prosecuted, arrested, attacked, and intimidated by various state and non-state actors. Approximately 81 people have also been charged under the ITE Law in which most of them related to defamation. I am alarmed that this is happening while the country holds a seat in the UN Human Rights Council.

Therefore, I urge you to:

  • Immediately close the examination process against Haris Azhar and Fatia Maulidiyanti
  • Ensure that all human rights defenders can carry out their peaceful activities without fear of hindrance, intimidation, arbitrary detention or other reprisal, in line with the UN Declaration on Human Rights Defenders
  • Stop using the Electronic Information and Transactions Law to silence human rights defenders, and ensure that defamation is treated as a civil matter

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む