最新情報:
2021年11月20日
国名:
サウジアラビア
対象者:
ヌビア人10人(男性)
期限:
2022年1月31日
配信日:
2021年11月20日
UA No:
112/2021

エジブト出身のヌビア人10人が特別刑事裁判所の初公判に出廷する。10人は昨年7月から訴追なく勾留されてきた。平和的な追悼イベントを開催しようとしたことが、問題視されたとみられている。数人は高齢者で疾患を抱えている。当局は、不当に拘束している10人全員を直ちに釈放すべきだ。

ヌビア人は、エジプトとスーダンで長い歴史を持つ少数民族で、文化的、民族的、言語的特質で長らく疎外されてきた。エジプト南部に住んでいたヌビア人は、1964年のアスワン・ハイ・ダム建設で立退を強制された。土地を追われたヌビア人は、その多くがサウジアラビアなどのアラブ湾岸諸国に移住した。

2000年代に入り、ヌビア人の活動家は、エジブトの先祖伝来の土地への帰還と補償を求める運動を始め、次第にその要求を強めた。エジプト憲法(2014年)は、ヌビアを含む歴史的地域の遺産保護を定めているため、サウジのリヤドにある多数のヌビア人団体が連盟を結成し、エジプト大統領に対し憲法に沿ったヌビア人の故郷帰還の受け入れを求める運動を始めた。

一方、サウジのヌビア人は過去数年間、第四次中東戦争に出兵したヌビア人兵士を追悼するイベントを実施してきた。当局に目をつけられることもなかった。ところが、2019年11月のイベント日の早朝、イベントに関わっていたヌビア人10人が理由もなく逮捕された。取調べでは、イベントの告知ポスターにエジプト大統領の写真を載せなかったのは問題だと批判されたという。2カ月後に釈放されたが、20年7月に再び同じ10人が逮捕され、その後、訴追もなく1年4カ月も拘束されてきた。勾留中に起訴され、この11月に裁判が始まる。

10人の名前は次のとおり。Adel Ibrahim Faqir(リヤドのヌビア人コミュニティ代表、65歳)、Farjallah Ahmed Youssef(同コミュニティ元代表)、Jamal Abdullah Masri(リヤドのダミット・ヌビア人村代表)、Mohamed Fathallah Gomaa(37歳)、Sayyed Hashem Shater、Ali Gomaa Ali Bahr(37歳)、Saleh Gomaa Ahmed, Abdulsalam Gomaa Ali Bahr(43歳)、Abdullah Gomaa Ali、Wael Ahmed Hassan Ishaq(トーマスヌビア村協会会員、53歳)。

サウジアラビアでは、政治改革を求めたり民族的行事をしたりするだけで投獄される「良心の囚人」が増えている。アムネスティは、すべての「良心の囚人」の釈放を求めている。

アクションしてください。

サルマン国王に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文をファックスまたはツイッターでできるだけ早くお送りください。ツイッターでは、要請文最後の段落をご利用ください。

  • 集会の権利を行使しただけで勾留されている10人を直ちに釈放する。
  • 必要な治療、家族や弁護士との面会を全面的に認める。
  • 民族、文化、言語の違いにかかわらず全ての少数民族を保護し、人権を認める。

要請例文

King Salman bin Abdul Aziz Al Saud
Kingdom of Saudi Arabia
Fax: +966 11 403 3125 (please keep trying)
Twitter: @KingSalman

Your Majesty,

On 10 November, 10 Egyptian Nubian men are due to attend their first hearing before the Specialized Criminal Court (SCC), after having been detained for almost 16 months without charge. The Saudi General Directorate of Investigation (al-Mabahith) arrested the men on 14 July 2020, in relation to a cultural event they had planned on 25 October 2019 to mark the 1973 Arab-Israeli war.

According to one of the detainees’ relatives, the men were first arrested on the morning of the said event. Saudi security officials interrogated them about the event, namely accusing them of failing to include the photo of Egyptian President General Abdelfattah al-Sisi in the event’s announcement poster, alongside other Egyptian army generals. The detained men explained that the event was not political but rather focused on celebrating Nubian soldiers who had taken part in that war. On 25 December 2019, after two months in detention without charge, the men were released on travel ban pending the case’s resumption. On 14 July 2020, all 10 men were re-arrested and detained in al-Ha’ir prison in Riyadh, the Saudi capital. In April 2021, they were transferred to Assir prison in Abha city, where they have been denied access to lawyers of their choosing, appointed instead lawyers by the authorities, and have continued to be held without charge. The Egyptian consulate in Riyadh has failed to date to provide any consular assistance or facilitate the consular rights of those detained, despite the families’ recurrent pleas for action. Instead, it issueda statement on 29 October 2020 supporting their detention.

A relative of one of the men told Amnesty International: “Some of the detainees are senior and suffer ailments like diabetes, gangrene and cardiovascular problems. They are rarely allowed to contact their families, and they fear speaking on the phone because of surveillance.”

I urge you to release all ten men immediately as they are detained solely for peacefully exercising their human rights. Pending their release, I call on you to ensure that they have full access to medical care, lawyers of their choice and regular contact with their families. Furthermore, I urge you to protect minorities of all ethnic, cultural, and linguistic identities, and grant them their basic human right to freedom of expression and peaceful assembly and association in Saudi Arabia.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む