最新情報:
2022年4月 4日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
サラ・ハモウリ(男性)
期限:
2022年6月30日
配信日:
2022年4月 4日
UA No:
022/2022

フランス系パレスチナ人弁護士、サラ・ハモウリさんが4カ月の行政拘禁命令を受けた。パレスチナのNGOアッダミールの調査員、ハモウリさんは、3月7日から起訴も裁判もないまま拘禁されている。ハモウリさんは、2002年以降、数回、拘禁されてきた。イスラエル内務省に東エルサレムの居住資格を取り消されたため、国外退去を受けるおそれもある。イスラエル当局は、ハモウリさんを直ちに釈放し、エルサレムの居住資格を回復し、報復されることなく活動が続けられるようにすべきだ。

東エルサレムのクフル・アカブ近郊に暮らすハモウリさんは、囚人の権利を守り、法的支援をするNGOアッダミールの調査員として活動する。アッダミールは昨年10月、イスラエル政府に「テロリスト組織」に指定された。他にも5団体が同様の指定を受けた。国連の人権専門家は、「イスラエルの対応はテロ対策の誤用であり、パレスチナ人の権利運動と世界の人びとの人権に対する攻撃だ」と強く非難した。

イスラエル当局は、ハモウリさんや家族の移動の自由の権利を侵害してきた。例えば、2020年、イスラエルに対する忠誠義務に違反したとして、イスラエル内務省はハモウリさんに永住資格をはく奪すると伝えた。不服申し立ての手続きに散々手間を取らされたハモウリさんは今、イスラエル高等裁判所の審判を待っているところだ。弁護人によると、行政拘禁命令が、強制退去に利用されるおそれがあるという。イスラエルと被占領パレスチナ地域のパレスチナ人に対するイスラエルの政策や法律、対応は、ローマ規程とアパルトヘイト犯罪条約の下での国外追放もしくは強制移送という人道に対する罪を犯している。

行政拘禁では、当局に刑事訴追の意図がなくとも命令を受けると拘禁される。拘禁は無制限に更新可能で、拘禁理由は明らかにされない。今年、行政拘禁されているパレスチナ人数百人が、起訴や裁判もなく拘束されていることに抗議して、イスラエルの軍事法廷への出廷を拒否してきた。弁護人によると、ハモウリさんも拒否し、イスラエルの軍事法廷には出廷しないという。

アクションしてください。

ベニー・ガンツ国防大臣に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文をファックス、メール、ツイッターでできるだけ早くお送りください。なお、現在、郵便は利用できません。

  • 国際的に認められた容疑で起訴され、国際的な公正な裁判基準に従った手続きで裁かれない限り、行政拘禁下のハモウリさんら全員を直ちに釈放する。
  • ハモウリさんが、エルサレムの在留資格を維持し、報復をおそれることなく人権活動を続けることができるようにする。

要請例文

Minister of Defence, Benny Gantz
Ministry of Defence
Fax: 972-3-6916940
Email: bgantz@knesset.gov.il
Twitter: @gantzbe

Dear Minister,

I am writing to express grave concern for the arbitrary detention and ongoing harassment of French-Palestinian lawyer Salah Hammouri, arrested on 7 March by Israeli forces at his home in the occupied East Jerusalem neighbourhood of Kufr Aqab, an area within the boundaries of the Jerusalem Municipality, yet segregated from the rest of the city by the wall and other military checkpoints. He was taken to Ofer military detention center and then transferred to a detention centre within the Russian compound in Jerusalem, where he remains held without charge or trial. On 10 March, the Military Commander of the Israeli Defence Forces (IDF) in the occupied West Bank issued a four-month administrative order, extending his detention without charge or trial until 6 July 2022 and without any means to effectively challenge the detention. The order, which an Israeli military judge is due to confirm during the week of 14 March, can be renewed indefinitely.

Israel’s systematic use of administrative detention violates international human rights law. Its use as such results in arbitrary detention, and if prolonged or repeated can amount to cruel, inhuman and degrading treatment or punishment. This could constitute as an inhuman act perpetrated to maintain a system of apartheid, which is crime against humanity.

Salah Hammouri is also at risk of deportation as the authorities have been taking steps since September 2020 to revoke his permanent residency status on the grounds of “breach of allegiance” to the State of Israel. He is currently waiting for the ruling by the Israeli High Court. According to his lawyer, there is concern that this most recent administrative detention order will be used against him to expedite actions towards his forcible deportation. Salah Hammouri is a lawyer and field researcher at the prominent Palestinian human rights organization, Addameer Prisoner Support and Human Rights Association. This is not the first time he has been arbitrarily detained in connection to his human rights work.

I urge you to immediately release Salah Hammouri and all others who have been placed under administrative detention, unless they are promptly charged with an internationally recognizable crime and tried in proceedings that adhere to international fair trial standards. I urge the authorities to ensure that he is allowed to keep his residency status in Jerusalem and continue with his human rights work without fear of reprisals.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む