最新情報:
2022年7月23日
国名:
ロシア連邦
対象者:
オレクサンドル・マルチェンコさん(男性)
期限:
2022年8月29日
配信日:
2022年7月23日
UA No:
064/2022

ドネツク州で拉致されロシアに移されたウクライナ人オレクサンドル・マルチェンコさんは2020年11月、スパイ罪で実刑10年を言い渡され、収監が続いている。2018年に拘束され、無実を主張したが拷問により「自白」を強要された。マルチェンコさんは甲状腺ガンの経験者であり、複数の健康問題を抱えている。そのため緊急に医療措置が必要だが、ロシア当局が拒否している。

マルチェンコさんが弁護士に語ったところによると、2018年12月、私用でウクライナの首都キーウからロシア経由でウクライナ東部ロシア派支配地域のドネツク州に入った。その後ロシア経由で戻ろうとしていた矢先、覆面をした男たちに拉致された。頭に袋を被せられて、親ロシア派が名乗る「ドネツク人民共和国」に運ばれ、窓のない地下室に入れられた。電気ショックなどの拷問を受け、ビデオカメラの前でスパイ容疑を認める自白文を読み上げさせられた。

翌年2月18日、「ドネツク人民共和国」の「国家保安省」を告訴しないという書類に署名させられ、その後、ロシア連邦保安庁(FSB)に引き渡された。FSB職員にもやはり頭に袋を被せられ、車で数時間かけてクラスノダール地方のFSB事務所に連行された。そこでも繰り返し尋問され、自白を強要され、弁護士との接触も禁止された。家族も脅迫を受けた。

2019年5月、マルチェンコさんは密輸の罪で実刑2カ月の判決を受けた。この拘留期間はその後数回延長された上、2019年12月にスパイ容疑で起訴された。そして、2020年11月、クラスノダール地方裁判所でもスパイ容疑で10年の流刑判決を下された。控訴は棄却された。

アクションしてください。

当局に以下の要請を盛り込んだ英語の要請文をファックス、メール、ツイッターでできるだけ早くお送りください。なお、現在、郵便は利用できませんのでご注意ください。

  • マルチェンコさんが必要とする医療を提供し、本人が受けたという拷問や虐待について捜査し、裁判をやり直すこと。

要請例文

Arkadiy Aleksandrovich Gostev
Director of Federal Penal Service

14, Zhitnaya Street,
Moscow 119049
Russian Federation
Fax: +7 495 982 1950
Email: udmail@fsin.su

Dear Director of the Penal Service,

I am writing to express my deep concern about the denial of necessary medical care to Oleksandr Marchenko, a Ukrainian citizen serving a ten-year sentence at the penal colony IK-8, in the Republic of Buryatia.

In 2016, Oleksandr Marchenko had his thyroid removed due to cancer. Following the surgery, he requires daily medication, monthly blood tests and other medical examinations once every three months. However, since he was deprived of his liberty in 2018, he had only had one blood test privately arranged by his family in July 2021. According to Oleksandr Marchenko’s lawyers, on at least two occasions he was denied the medication he requires by the penitentiary authorities for extended periods. First, in April-May 2021, while he was being held in remand centre SIZO-1 and penal colony IK-14 in Krasnodar, and from 12 to 28 December 2021 while being held in SIZO-1 in Ulan-Ude, Buryatia. Being deprived from his vital medication caused a significant deterioration of his health. Currently, in penal colony IK-8, he is denied the regular tests he requires, while the vital medication has to be supplied by his family at their own cost. The denial of medical care may amount to torture or other ill-treatment.

I am further concerned that, according to Oleksandr Marchenko’s lawyers, the administration of SIZO-1 in Ulan-Ude issued death threats against him and threatened him with sexual violence. He was also reportedly placed in a punishment cell for 15 days with a man who had tuberculosis, for trying to contact the Ukrainian Consul. In March 2022, the administration of the penal colony IK-8 placed him in a disciplinary cell for 28 days, for his pro-Ukrainian views.

I urge you to ensure that Oleksandr Marchenko is provided with the medical care he requires, and that his allegations of torture and other ill-treatment are promptly, effectively and impartially investigated.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む