English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. バングラデシュ: 高齢ジャーナリストが保釈される

バングラデシュ:
高齢ジャーナリストが保釈される

最新情報:
2016年9月12日 (stop情報)
更新履歴:
2016年9月12日
国名:
バングラデシュ
対象者:
シャリフ・レーマンさん
期限:
2016年10月 5日
配信日:
2016年9月12日
UA No:
120/2016

4月16日以来、起訴理由なく4か月近く拘束されていたジャーナリスト、シャリフ・レーマンさん(81才)に対し、バングラデシュ最高裁判所は9月6日に保釈を許可した。

シャフィク・レーマンさんは、月刊誌の編集長を務める著名なジャーナリストで、主要野党のバングラデシュ国民党の支持者として知られている。

レーマンさんは4月16日、ハシナ首相の息子を誘拐し殺害する計画に関わった疑いで逮捕された。再勾留後の4月27日、カシンプールの刑務所に移されて独房に監禁され、糖尿病と心臓を患っているにもかかわらず必要な治療を受けられずにいた。5月22日には、ダッカの刑務所に移され雑居房に入ったが、必要な治療を受けることと、家族との面会や弁護士への接見は、改善されたものの充分ではなかった。

レーマンさんは4カ月以上、起訴されることなく拘束されていた。国際法には、人を拘束する場合、当局は本人に拘束理由を説明する義務があり、ただちに起訴できなければ釈放するよう定められている。

保釈請求は、8月31日に最高裁が認めるまで3回却下された。9月6日に保釈されたレーマンさんの保釈期限は3カ月間とされ、その間、出国は認められない。

アムネスティは今後も本件を注視し、必要であれば新たなアクションを起こします。これまでのご支援に感謝いたします。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ