English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:ガザ地区への攻撃についての国際的調査を要請

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:ガザ地区への攻撃についての国際的調査を要請

2006年6月23日
国・地域:イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
トピック:地域紛争
アムネスティ・インターナショナルは今日、この数か月にガザ地区でイスラエル軍によって多数のパレスチナ人が殺された状況を検証するために国際的な調査を行なうことを要請した。

犠牲者が増え続けており、また徹底的かつ独立的、中立的調査を保証することをイスラエル当局が自らの軍隊に対して行なおうとしないために、国際的な調査の必要性が一層、緊急のこととなっている。

 ガザ地区の北部の海辺で6月9日、ガリアの家族7名が殺されたこと(http://web.amnesty.org/library/Index/ENGMDE150492006 を参照)は、イスラエルが真実を立証するための十分で中立的な調査を行なおうとしない1つの例となった。イスラエル軍の砲撃によって殺されている人びとがいることを示す証拠がますます増えているにもかかわらず、当局は全ての責任を否定し、殺りくを適切に調査するための必要な措置を講じないでいる。

 この件や他のケースについて行なわれたとイスラエル軍が述べる内部調査は国際的なメディアの関心を集めたが、独立的かつ中立的な調査のもっとも基本的な条件さえも満たしていないものである。イスラエル軍自身によるこのような調査手続はイスラエル軍兵士を免責しがちであり、真実を明らかにするというよりも国際的な批判をかわすことにより目的を置いているようにみえる。子どもたちを含む非武装のパレスチナ人が殺されたケースのほとんどは、イスラエル当局によって調査されるどころか、言及さえもされなかった。(http://web.amnesty.org/library/Index/ENGMDE150312006 を参照)

 今年の初め以来、イスラエル軍は約150名のパレスチナ人を殺害してきたが、彼その多くは非武装であり、25名以上の子どもたちを含んでいた。犠牲者たちの約半数はガザ地区で殺された。現在までこれらのケースの1つとして適切な調査が行なわれていない。

 2006年3月末以来、イスラエル軍はガザ地区の人口密集地域に対して、ほぼ6,000発の砲弾を撃ち込み、80回以上の空爆を行なった。このような途方もない攻撃によって数名の女性と子どもたちを含む何十名ものパレスチナ人が殺害された。また、さらに多くの負傷者も出ている。昨日だけでも、イスラエル軍機がガザ地区の人口密集地域にミサイルを発射した際に、5歳と6歳、16歳の3名のパレスチナ人の子どもたちが殺された。この攻撃は明らかに、パレスチナ武装グループであるアルアクサ殉教者団のメンバー2人を超法規的に殺害することを意図したものであった。子どもたちを含む他の多くのパレスチナ人たちがこの攻撃で負傷した。

 同じ時期にパレスチナ武装グループは数百の「カッサム」ロケット弾を発射し、数名のイスラエル人の負傷者を出した。これらのロケット弾のほとんどは広い場所に落下し、イスラエル人の死傷者を出すことはなかったが、以前の数年間、このような攻撃で8名のイスラエル人が殺された。

 両者とも各自の攻撃が相手側の攻撃に対するものであると主張している。しかし、これは民間人を危険にさらす報復及び過剰で無差別な攻撃であり、国際法で禁止されていることであるのを無視している。

 国際社会はこのエスカレートする状況に取り組むべきであり、国際法の原則にしたがって、紛争下で起きている民間人殺害などの死について、独立的、中立的で徹底的な調査を行なうよう求めるべきである。

 アムネスティ・インターナショナルは国連に対し、権威ある国際的な専門者チームを編成し、イスラエル及び占領地域へ派遣するよう要請する。そのチームの責務はガザ地区でイスラエル軍によってパレスチナ人がますます殺害されていること、パレスチナ武装グループがガザ地区からイスラエル南部に向けて「カッサム」ロケット弾を発射したことについて、独立的で徹底した調査をすることである。

 このような調査は適切に構成されるべきである。それは犯罪と法医学の調査の実行において必要な専門知識を持った中立的な調査員によって行なわれるべきであるし、法医学、弾道学、人権法と人道法の分野の専門家を含むべきである。イスラエル人とパレスチナ人を含む全ての当事者たちは、専門家たちに十分協力し、彼らが人びとや場所、文書にアクセスすることを妨げないことに同意すべきである。そのような調査の結果はできるだけ早く公表されるべきであるし、民間人の生命を助けるために関連する当事者たちによって取られるべき措置について具体的な勧告を伴うべきである。

アムネスティ国際ニュース
(2006年6月21日)
AI Index: MDE15/054/2006

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ