English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 「プッシー・ライオット」逮捕、スティングがモスクワで批判

「プッシー・ライオット」逮捕、スティングがモスクワで批判

2012年8月 7日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:
トピック:

プーチン政権を批判している女性パンクバンド「プッシー・ライオット」(C)AI
プーチン政権を批判している女性パンクバンド「プッシー・ライオット」(C)AI

女性パンクバンド「プッシー・ライオット」へのプーチン政権の対応を批判しているアムネスティ・インターナショナルに、英ミュージシャンのスティングが賛同した。

「プッシー・ライオット」は2月21日、モスクワの大聖堂で「マリア様、プーチンから私たちを救い出して」と歌った。彼女たちはまた、ロシア正教会の教主たちのプーチン大統領支持も批判していた。これは、3月の大統領選を前にした、数々の反プーチン運動のひとつだった。

当局は3月初旬、「宗教的な嫌悪に基づくフーリガン行為」で、メンバーのマリア・アリョーシナ、ナジェージダ・トロコニコワ、エカテリーナ・サムツェビッチを逮捕した。トロコニコワは「プッシー・ライオット」のメンバーであることと抗議活動に参加したことを認めたが、他の2人は大聖堂でのパフォーマンスの関わりを否定している。

予審が始まり、3人は来年1月まで勾留延長を言い渡された。

3人は、最長7年の禁固刑を下される可能性が高い。平和的な抗議パフォーマンスに対する、まったく不当な扱いだ。

アムネスティは、3人の女性は、自らの考えを平和的な手段で表明しただけで拘束された「良心の囚人」だと考える。そして、ロシア政府に対し、ただちに3人を釈放するよう、訴えてきた。

コンサート・ツアーでモスクワに滞在中のスティングは、次のように語っている。

「プッシー・ライオットのメンバーが7年も刑務所に入るというのは、あまりにひどい。自分の意見を言うのは、民主主義では合法で最も基本的な権利です。政治家は異なる意見に寛容でないといけない。このバランス感覚やユーモアのセンスは、強さの表れであって、弱さを示すものではありません。ロシア政府は、この誤った起訴を取り下げ、3人のアーティストが普通の生活に戻り、子どもたちの元に帰すべきです」

アムネスティは、3人の釈放を求めてキャンペーンを続けていく。「プッシー・ライオット」に対する支持は広がっており、携帯のSMS(ショート・メッセージ・サービス)アクションは、これまでに1万2000人が参加した。

アムネスティ国際配信ニュース
2012年7月25日

関連アクション(Urget Action)

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ