死刑廃止 - 袴田事件:再審を実現し、袴田さんの苦しみに終止符を!

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(トピック)
  4. 死刑廃止
  5. 袴田事件:再審を実現し、袴田さんの苦しみに終止符を!

袴田事件 : 再審を実現し、袴田さんの苦しみに終止符を!

袴田巖さんが逮捕されたのは、1966年に味噌会社の専務一家が殺害された「袴田事件」です。それ以来、えん罪の可能性がありながらも、2014年3月に釈放されるまで、ずっと拘束されてきました。

死刑判決の根拠となった自白は、猛暑の中、1日平均12時間にもおよぶ過酷な取調べで引き出されたものでした。水も与えられず、トイレにも行かせてもらえず、殴られ、蹴られて...。意識が朦朧とする中、命を守るために「自白」したとして、袴田さんは裁判で無実を訴えました。

また、犯行時に袴田さんが着ていたとされる血の付いた衣服も有罪の決め手となりましたが、当時からこの証拠の信憑性を疑問視する声が多くありました。そして新たなDNA鑑定の結果を検討した裁判所は、検察による証拠ねつ造の疑いあり、と断じたのです。

そんな中、2014年3月27日、静岡地方裁判所は再審開始を決定、さらに「これ以上、拘置を続けることは、耐え難いほどの正義に反する」として、48年ぶりに袴田さんを釈放しました。

しかし、検察が異議を申し立てたため、東京高等裁判所で審理が続いていましたが、釈放されてから4年が経った2018年6月、高裁は静岡地裁の再審決定を覆し、再審開始を認めない、という驚くべき決定を下しました。

それから2年半が経った2020年12月22日、最高裁判所は袴田事件の再審開始を認めなかった高裁の決定を取り消し、審理を東京高裁に差し戻す決定をしました。再び再審開始の道が開かれたのです。

しかし、再審の道が開かれたとしても、無罪を勝ち取らなければ、収監され死刑を執行されるという恐れは消えません。いたずらに裁判を長引かせるべきではなく、84歳の袴田さんに残された時間を、闘いのためではなく穏やかに過ごすための時間に変えるべきです。

アムネスティ日本は、一刻も早く再審を開始するよう、強く要請します。

 

(アムネスティ・インターナショナルは2008年より、袴田巖さんを「危機にある個人」として、支援を続けています。)

漫画で袴田事件を読む「スプリット・デシジョン~袴田巌 無実の元プロボクサー~」

漫画で袴田事件を読む「スプリット・デシジョン~袴田巌 無実の元プロボクサー~」

日本プロボクシング協会(JPBA)・袴田巌支援委員会では、1966年の事件発生による死刑確定から半世紀、「無実」を訴え続けてきた袴田事件を分かりやすく世間に理解してもらうため、事件の概要を描いた漫画「スプリット・デシジョン~袴田巌 無実の元プロボクサー~」を制作しました。

死刑廃止のトップに戻る

関連ニュース