English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. インド:ジャム・カシミール州 法の乱用で圧力

インド:ジャム・カシミール州 法の乱用で圧力

2019年9月25日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:インド
トピック:

ジャム・カシミール州のファルーク・アブドラ元州首相が、公安法の適用を受けて逮捕された。8月5日以来報道管制が敷かれる同州では、公安法を乱用した人権侵害が多発している。

インド政府は、公安法改正を約束しているにもかかわらず、敵視する同州の政治家に同法を適用し、締め付けを続けてきた。その結果、何千という政治家や活動家、記者らが、行政上の拘禁措置を受けて、沈黙を余儀なくされている。

背景情報

インド政府は、8月5日以来、自宅軟禁に置いていたアブドラ氏に対し、「公共の秩序を乱した」という公安法にもとづく容疑で逮捕命令を出した。

公安法は、インドがジャム・カシミール州で古くから悪用してきた歴史がある。行政的措置による拘束・拘禁を認める同法を適用することで、刑事司法に求められる説明責任、透明性、人権尊重を回避している。

8月5日、インド政府は、同州の自治権を認めている憲法の規定廃止を一方的に決定した。ここ数日は、治安部隊を増派し、電話やインターネットの遮断、集会の規制をしている。また、同地域の主だった政治家を軟禁状態に置き、同州に関する政治的決定は連邦議会が下している。その結果、住民の反発は高まるばかりだ。

インド憲法は、同州に自治権を保証し、外交、防衛、通信を除く自治権を認め、自治権は、インドと同州の関係維持に不可欠とみられてきたが、政府は、この規程を削除する憲法改正案を議会に上程。8月5日に上院で、6日には下院で可決された。

アムネスティ国際ニュース
2019年9月17日

最新のニュースを配信中!メールマガジンに登録する

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ