English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: パレスチナ活動家「エルサレムが首都」抗議で「良心の囚人」か

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
パレスチナ活動家「エルサレムが首都」抗議で「良心の囚人」か

最新情報:
2018年2月11日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
ムンサー・アミラ(男性)
期限:
2018年3月22日
配信日:
2018年2月11日
UA No:
026/2018

パレスチナの人権擁護活動家であるムンサー・アミラさんは、抗議行動に参加して、イスラエルの軍事法廷での裁判を受ける。表現と集会の自由の権利を行使したことで、実刑判決を受ける可能性がある。裁判は、2月21日に始まる。

アミラさんがデモに参加して軍に拘束されたのは、昨年12月27日だった。抗議行動は、被占領西岸地区のベツレヘムでパレスチナの住民と活動家たちが組織した。活動家のアヘド・タミーミさんとナリマン・タミーミさんの釈放を要求するデモだった。

1月16日、被占領西岸地区のオフェールにあるイスラエル軍事法廷は、アミラさんの保釈を命じた。しかし、検察側に抗告する時間を与えるために、釈放は72時間遅延された。1月18日、軍検察は、釈放判決に抗告した。2月1日、軍上訴裁判所の軍判事は裁判終結までの収監を求める検察の抗告を認めた。

軍事法廷は、アミラさんに対し、5件のデモへの参加に関連する13の罪状を突きつけた。「許可なく行進に参加」などイスラエル軍令101号の罪状のいくつかは、国際基準では犯罪として規定されていない。人に物を投げたり、イスラエル国境警察官に投石したという容疑もあった。米国トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認めたことに抗議して行われた昨年12月22日のデモでのことである。「催涙ガス弾を投げ返してきた」という国境警察官2人の供述に基づく。しかし、ビデオや目撃者の証言は異なる。目撃者は、「アミラさんは、軍兵士の前で平和的にプラカードを掲げていたが、催涙ガス弾を自分の近くから遠ざけようとプラカードを使った」という。起訴状や目撃証言、検察が出した証拠などをよくみれば、アミラさんがイスラエルの占領に対し平和的に抗議しただけで勾留、起訴されたことが明らかだ。

もっと読む

背景情報

ムンサー・アミラさん(48歳)はパレスチナ人活動家で人権擁護活動をしている。現在は大衆闘争調整委員会(PSCC)のコーディネーターを務めている。PSCCは自らをコミュニティを基礎とした抵抗運動と説明し、ストライキや平和的抗議行動、合法キャンペーンなど様ざまなやり方での大衆闘争の力を信じている。この団体は法的援助やコミュニケーションと政策提言についてのサポートを活動家たちに対して行ない、被占領パレスチナ地域(OPT)における新たな委員会とイニシアティブの出現を奨励している。

ムンサー・アミラさんはエルサレムの南部斜面に位置するデイル・アバン村出身のパレスチナ難民である。彼はベツレヘムに近いアイダ難民キャンプの住民で、そこで彼はソーシャル・ワーカー、またアイダ・ユース・コミュニティ・センターのディレクターとして働いている。PSCCによると、ムンサー・アミラさんは自らのキャンペーン活動や提言活動を通じて、イスラエル人入植地の影響をこうむっているパレスチナ農民への支援を行ない、地元で生産されたパレスチナの産物の販売促進をしているという。彼は自らの大衆闘争における非暴力の土台作りに関わっており、ベツレヘム市内でイスラエルの行動に対する平和的抗議活動を定期的に組織してきた。

逮捕された後、彼はベツレヘムにある「レイチェルの墓」検問所近くでの5つの別べつのデモに関連して13の罪状を提示された。これらの罪状のほとんどは、平和的に政治表現をしたパレスチナ人を罰するイスラエル軍令101号によるものである。

起訴状の訴因は以下の通り。2017年11月1日、12月13日、12月22日、12月23日、12月27日にあったデモと「未許可の行進」に参加したことによる公序違反。2017年12月27日に兵士を妨害し、12月22日にはイスラエル軍兵士に向けて発火物と石を投げたこと、である。起訴状にあるすべての罪状は、2017年12月22日のものを除いて、ムンサー・アミラさんの行進参加とその指導的役割に厳格に関連づけている。投石したという彼の罪は上記で言及した兵士の内、たった1名の証言に依拠している。対照的に、アミラさんの弁護士によると別の兵士はアミラさんの投石を見たことをはっきり否定している。弁護士はまた兵士の証言を裏づける物的証拠を検察が提出していないとも述べている。さらに、ムンサー・アミラさんがイスラエル国境警察に向けて発火物を投げたという主張は同警察官2名の供述に基づいている。

PSCCによると、警察官両名は供述の中で以前のデモから彼のことを知っていたと述べており、地面から手で発火物を拾い上げて、イスラエル軍に向けて投げ返すのをはっきり見たと言っている。しかし、検察が証拠として提出した写真はフェイスブックからダウンロードしたものであり、きちんとした分析を受けておらず、それゆえに裁判では認められないものだ。さらに、昨年12月22日のデモのビデオ(https://www.facebook.com/MohammadAazza/videos/1632948863428537/)は、ムンサー・アミラさんがプラカードを使って自分から催涙ガス弾を押し返そうとしている様子を示しているようだ。12月22日の抗議行動に参加した4人の目撃者たちによると、彼は平和的に抗議していたという。これらのことは、彼は投石はせず、持っていたプラカードで催涙ガス弾を押し返そうとしたにすぎないことを示している。

アクションしてください。

英語、ヘブライ語、またはアラビア語でイスラエル当局する要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • ムンサー・アミラさんは良心の囚人で表現の自由と平和的集会の権利を行使しただけなので、即時無条件に釈放する。
  • アミラさんに対する訴えをすべて直ちに破棄する。
  • 軍令101号を廃止し、被占領西岸地区にいるパレスチナ人の表現と平和的集会の権利を十分尊重する。

宛先
Benjamin Netanyahu 首相
Office of the Prime Minister
3 Kaplan St, PO Box 187
Kiryat Ben-Gurion
Jerusalem 91950, Israel
Email:pm_eng@pmo.gov.il
書き出し: Dear Prime Minister

Commander of the IDF – West Bank 国防軍西岸地区司令官
Major-General Roni Numa GOC Central Command
Military Post 02367, Battalion 877 Israel Defence Forces, Israel
Fax: +972 2 530 5741, +972 2 530 5724
書き出し: Dear Major-General Roni Numa

コピー宛先
Minister of Defence 国防相
Avigdor Lieberman
Ministry of Defence
37 Kaplan Street, Hakirya Tel Aviv 61909, Israel
Email:minister@mod.gov.ilpniot@mod.gov.il
Fax: +972 3 691 6940

イスラエル国大使館
〒102-0084 東京都千代田区二番町3
電話:03-3264-0911
特命全権大使:ヤッファ・ベンアリ 閣下
Her Excellency Ms. Yaffa Ben-Ari

要請例文

Benjamin Netanyahu
Office of the Prime Minister
3 Kaplan St, PO Box 187
Kiryat Ben-Gurion
Jerusalem 91950, Israel
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister,
↑ここに書き出しを記入

I am writing to ask you to immediately and unconditionally release Munther Amira as he is a prisoner of conscience and is solely being held for exercising his human rights to freedom of expression and to peaceful assembly.

I also urge you to immediately drop all charges against Munther Amira. Lastly I request you to rescind Military Order 101 and fully respect the right of Palestinians in the occupied West Bank to freedom of expression and peaceful assembly.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ