English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. イラン:不公正な裁判による死刑執行を非難する

イラン:不公正な裁判による死刑執行を非難する

2007年2月15日
国・地域:イラン
トピック:死刑廃止
2007年2月14日に4人のアラブ系イラン人に対し死刑が執行されたことをアムネスティ・インターナショナルは強く非難する。また、他の囚人も不公正な裁判によって死刑が行なわれる危機にあることを懸念する。

アムネスティはイラン当局に対し、死刑執行の即時停止と、すべての被拘禁者が拷問その他の虐待から保護されるよう保障することを求める。アムネスティは、今年に入ってからイランで行なわれた死刑は、14日の執行を含め少なくとも28件に上ると記録している。

死刑が執行された4人のうちの1人、32歳の教師だったリサン・サワリは、フーゼスタン州で昨日処刑されたと伝えられている。場所の詳細はわからない。家族は死刑執行の知らせを受けたというが、遺体はまだ戻っていない。リサン・サワリは2005年4月に逮捕され、一度釈放された後2005年9月に再び逮捕されたということである。

2005年10月の爆破事件(フーゼスタン州のアフワズで発生し、少なくとも6人が死亡、100人以上が負傷した)に関与したとして7人が有罪判決を受けたと言われているが、2006年3月1日、リサン・サワリを含む9人の「自白」の様子がフーゼスタン・テレビで放映された。フーゼスタン・テレビはイラン政府系の地元テレビ局である。この9人の中には、その翌朝公開絞首刑に処せられたメフディ・ナワセリとアリ・アウデー・アフラウィもいた。
2006年6月10日、アフワズの革命裁判所第三支部はリサン・サワリとその他9人の死刑判決を承認した。伝えられるところによれば、この10人は神に対する敵意の罪で起訴されたという。これは死刑に相当する罪である。被告人に不利な証拠として、「国の治安を乱す行為」「政府転覆企図」「手製爆弾の所持」「石油施設の破壊」および2005年6月から10月にかけてのアフワズでの爆破事件実行などが含まれている。リサン・サワリに対する死刑判決が最高裁に支持されたかどうかは不明である。

他の3人は、別の裁判によって一緒に死刑執行された。この3人は、アブドレザ・サナワティ・ゼルガニ、カセム・サラマト、マジェド・アルボバイシとみられる。彼らは他の7人とともに、フーゼスタン州アフワズで2005年に起きた爆破事件に関与したとして、神に対する敵意の罪で有罪となったということである。彼らは裁判前拘禁の数カ月間、独房に監禁されていたと伝えられている。その後も同様の状態であった可能性がある。そして、弁護士と接見できないなど非常に不公正な裁判によって有罪判決を言い渡された。

この事件を詳細に追いかけていたイランの人権擁護活動家、エマデディン・バギは、2006年1月末にオランダを拠点とするラジオ・ザマネのインタビューに答えて次のように言った。「彼らは弁護士と接見できず、数カ月にわたって独房に監禁されていました。公正な裁判を受けていませんでした」。

2006年11月13日、フーゼスタン・テレビは昨日処刑された男性3人と、同じ事件で有罪判決を受けた7人のうち6人が、爆破事件への関与を「自白」している様子を映したドキュメンタリー・フィルムを放映した。彼らはAl-eというアラブ系イラン人の軍事組織のメンバーだとされた。Al-e は1980年代のイラン・イラク戦争以降はその活動が知られていない。

2007年1月10日、超法規的、即決あるいは恣意的処刑に関する国連特別報告者のフィリップ・アルストン氏、裁判官と弁護士の独立に関する国連特別報告者のレアンドロ・デスポイ氏、拷問に関する国連特別報告者のマンフレッド・ノワク氏の3人の国連の主要専門家が共同でイラン政府に対し、「アフワズの少数派アラブ人である7人に差し迫っている死刑執行を停止し、公正な公聴会を行なうこと」を求めた。3人の国連の専門家は、「私たちは、彼らが重大な犯罪で起訴されたことを十分に承知しているが、だからといって、必要とされる適正な手続を無視した裁判による有罪判決と死刑執行が正当化されることはない」と述べた。

上記の7人とは、1月24日に死刑が執行されたムハマド・ジャーブ・プール、アブドラミル・ファルジャラ・ジャーブ、アリレザ・アサクレー、ハラフ・デルハブ・フダイラウィの4人と、本日処刑された3人である。

別の3人のアラブ系イラン人、アブドラ・スレイマニ、マレク・バニタミム、アリ・マトウーリ・ザデーは2006年12月19日にフーゼスタン州の刑務所で死刑が執行されたと伝えられている。

2005年のフーゼスタン州での爆破事件に関与したとして、不公正な裁判で有罪となり、死刑執行に直面していると考えられるアラブ系イラン人が、まだ少なくとも17人いる。

このケースに関する詳細は、『イラン:4人のアラブ系イラン人が不公正な裁判で死刑執行』(MDE 13/005/2007、2007年1月24日)
http://web.amnesty.org/library/Index/ENGMDE130052007?open&of=ENG-IRN
を参照。

アムネスティ国際ニュース発表
(2007年2月15日)
AI Index:MDE 13/016/2007

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ