English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. スペイン:最高裁 集団強かん犯に鉄槌

スペイン:最高裁 集団強かん犯に鉄槌

2019年6月27日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:スペイン
トピック:女性の権利

スペインの最高裁判所は6月21日、集団強かん罪で起訴され、下級審でより軽い罪で有罪となっていた男たち5人に強かん罪を適用し、実刑15年の判決を言い渡した。

一審と二審の裁判所は、女性は性行為に同意はしなかったが、強かん罪に問うだけの暴力や脅しはなかったとして、強かん罪より軽い性的虐待罪を適用した。この判決は、スペインで激しい怒りと抗議の渦を巻き起こしていた。

しかし今回、最高裁は、女性を脅し、同意を得ずに性行為をしたのは強かん罪にあたるとして、有罪判決を言い渡した。

ようやく正義が勝ち、被害者の権利が守られる形になった。しかし、被害女性にとって、正義の道のりはあまりに長く、さらなる苦しみを受けた。

同じ過ちを繰り返さないためにも、刑法改正は不可欠だ。

同意なき性行為は強かんであることは、言うまでもない。問題は、同意とは何かだ。物理的な抵抗をしなければ、性行為に同意したものとみなす考え方には、重大な問題がある。性的暴行を受けると被害者は動きたくても動けず、声を上げられない状態になり、抵抗などできないというのが専門家の一致した見方だからだ。

法改正により強かん犯罪がなくならないとしても、強かんとは何かを明確にする上で、法律の役割は大きい。

アムネスティ国際ニュース
2019年6月21日

最新のニュースを配信中!メールマガジンに登録する

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ