English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. メキシコ:1カ月に記者3人殺害「記者狩り」が始まっている

メキシコ:1カ月に記者3人殺害「記者狩り」が始まっている

2017年3月30日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:メキシコ
トピック:

メキシコでは、今月これまでに3人のジャーナリストが殺害された。この国に表現の自由があるのか、懸念が膨らむ。

ラ・ホルナダとノルテ・デ・フアレスに記事を書くミロスラバ・ブリーチさんは、メキシコ北部、チワワ州の自宅前で銃殺された。ブリーチさんは、組織犯罪や薬物取引などを告発することで知られていた。

メキシコでは、ジャーナリストの殺害が日常茶飯事だ。今や、組織犯罪の勢力拡大や当局との共謀など公に語ることは、封じられたも同然だ。

報道は命をおとしかねない仕事であってはならない。当局は、ジャーナリストが置かれている厳しい状況を放置するのではなく、勇気をもって社会の恥部を告発するジャーナリストを守る具体的な対策を取らなければならない。この種の犯罪は、早急に取り締まり、容疑者は裁かれるべきだ。

人権団体アーティクル19によると、メキシコでは、2000年以降103人以上のジャーナリストが殺害されている。昨年だけでも11人が犠牲になった。国境なき記者団によると、2016年のジャーナリストの殺害件数ワースト3国は、シリア、アフガニスタン、そしてメキシコの順であった。

アムネスティ国際ニュース
2017年3月24日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ