English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 中国:香港:デモ参加者への発砲に捜査を

中国:香港:デモ参加者への発砲に捜査を

2019年11月14日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:中国
トピック:

11月11日、香港島東部の西湾河(サイワンホー)で、警官によるデモ参加者への発砲が2件あった。1件では、丸腰のデモ参加者が、至近距離から銃弾を受け、重傷を負った。

また、警官が乗ったバイクが、猛スピードでデモ隊に突っ込み、負傷者を出す事件もあった。

デモを鎮静化すべき警官が、決して取ってはならない無謀な対応である。彼らの行動はデモの抑制などではない。報復感情に駆られた行為だ。

おしなべて強硬姿勢の警察に、警官の銃撃や暴走行為の捜査などできるはずもない。当然ながら、独立した第三者による捜査が必要だ。

当局は、丸腰の相手に発砲した警官などを、ただちに停職処分にすべきである。また、これ以上負傷者を出さないためにも、デモへの対応を見直すべきである。

これまでどのような指導を受け、今回、どんな指示を受けたのか、疑問は尽きない。警官の本来の役割は、事態を鎮静化することであり、悪化させることではない。

背景情報

今年6月、逃亡犯条例に反対するデモが始まって以降、アムネスティは再三にわたり、デモ隊への警察の対応に問題があると指摘し、第三者による捜査を求めてきた。

11月8日、警察の活動を監察する独立機関、警察苦情処理独立委員会(IPCC)の専門家委員会は、IPCCには、大規模なデモに対応するだけの捜査能力はないとの見解を示した。

アムネスティ国際ニュース
2019年11月11日

最新のニュースを配信中!メールマガジンに登録する

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ