© GETTY IMAGES/ ARIS MESSINIS

ウクライナの市民を守れ #StandwithUkraine

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. その他
  4. ウクライナの市民を守れ #StandwithUkraine
2022年2月20日
[その他]
国・地域:
トピック:

ロシア軍はウクライナの市街地やインフラを無差別に攻撃し、民間人の死者を出すなど、国際人道法および人権法の違反行為を繰り返しています。病院や学校などの保護対象施設への攻撃、弾道ミサイルなどの無差別殺傷武器やクラスター爆弾などの禁止兵器の使用は、すべて戦争犯罪に該当する可能性があります。

アムネスティは、この犯罪に関与したすべての者に対して、違反行為の責任を負うよう求めます。関与した者はその個人的、組織的責任を問われるべきです。

ウクライナの市民の命を守って!

緊急署名:ウクライナの市民の命を守って!(change.org)

ロシア政府に対し、ウクライナ侵略を直ちに止め、戦闘に関わっていない市民を保護し、国際法を遵守するよう求める署名を開始しました。ウクライナの人たちの人権が重大な危機にさらされています。彼らのために日本からも声を上げてください!

参加する

緊急ウェビナー配信中!

■ 3/10開催 「2人の活動家が語るウクライナの今」

渋谷でウクライナ侵略に対する抗議活動やデモを主催している在日ウクライナ人のサーシャ・カヴェリナさんと、アムネスティ・ウクライナの人権活動家、ダリナ・ミジナさんのお二人が、それぞれの視点でウクライナ情勢について語ってくださいました。

■ 3/18開催「私たちはウクライナ危機にどう向き合うべきか?」

「国際法」、新時代のリサーチ手法「オシント(Open Source Intelligence/OSINT」、「私たちができること」の3つをキーワードに、私たちはウクライナ危機にどう向き合うべきかを考えるウェビナーを開催しました。中盤では、ウクライナにいるジャーナリストKaoruさんとライブ中継し、現場の状況を伝えていただきました。

ウクライナ情勢 最新ニュース

クライシス・エビデンス・ラボ

アムネスティは、ウクライナでの民間人・民間施設への攻撃の特定と検証に懸命に取り組んでいます。それを担っているのがクライシス・エビデンス・ラボです。人権侵害の責任を追及する上で、非常に重要となる証拠を収集・記録しています。

クライシス・エビデンス・ラボの活動についてはこちら

ウクライナ緊急支援のお願い

ウクライナの人権危機に対応するため、アムネスティは次の活動に尽力しています。

  • 写真、ビデオ、衛星画像などを検証し、戦争犯罪や重大な人権侵害行為を糾弾
  • ウクライナ、ロシア両国の人権活動家をはじめとする危険にさらされている人たちを対象とした、安全な場所への移転および滞在先や生活費の提供
  • ロシア軍による侵略を直ちに終わらせ、ウクライナの一般市民を保護するための世界的なアドボカシーとキャンペーンの展開

こうした活動を継続するためには、皆さんのご支援が必要です。ご寄付にご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

WEBサイトからの申し込みは、DCカード、VISAカード、Masterカード、JCBカード、AMERICAN EXPRESSカードが必要です
ウェブサイトからのお申し込みは、クレジットカードが必要です。

郵便局・ゆうちょ銀行からのお振り込みはこちら >

日本からも声をあげよう!パネル素材

日本全国で、ウクライナ侵略に対する抗議やウクライナの人たちに連帯を示すデモが行われています。13種類のパネルを用意しましたので、プリントしたり、スマホで掲げたりして、ぜひご活用ください!

パネル:ウクライナの市民を守れ

パネルをダウンロードする

1,2,3 ウクライナの市民を守れ!/4,5,6 PROTECT CIVILIANS IN UKRAINE!/7,8 IN SOLIDARITY WITH CIVILIANS IN UKRAINE!/9 В підтримку цивільного населення України! (ウクライナの市民と共に!)/10 Захістить мирне населення в Україні! (ウクライナの市民を守れ!)/11,12,13 StandwithUkraine

SNS投稿

情報の拡散にご協力ください!