English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ウガンダ:ウガンダ政府はスーダン大統領を逮捕しなくてはならない

ウガンダ:ウガンダ政府はスーダン大統領を逮捕しなくてはならない

2009年10月16日
国・地域:ウガンダ
トピック:国際人権法
アムネスティ・インターナショナルは16日、ウガンダのヨウェリ・ムセべニ大統領がスーダンのオマール・アル・バシル大統領を2009年10月19日にカンパラで開催予定のアフリカの難民、帰還者および国内避難民に関するアフリカ連合の特別首脳会議に招待したことに対し失望を表明した。

伝えられるところによると、オマール・アル・バシル大統領は2009年10月14日に発表された声明の中で招待された。またその際、同大統領がウガンダに到着しても逮捕されたり、ICCへ引き渡されることはない、とヨウェリ・ムセべニ大統領は記者に示唆した。

「アル・バシル大統領は国際司法からの逃亡者であり、ダルフールにおける人道に対する罪と戦争犯罪の責任を問われている」と、アムネスティ・インターナショナルの国際司法プロジェクトのクリストファー・キース・ホール上級法律顧問は述べた。

「ウガンダ政府には、アル・バシル大統領がウガンダ領内に足を踏み入れることがあれば、同大統領を逮捕しICCに身柄を引き渡す義務がある」

アル・バシル大統領に対する逮捕状は、国際刑事裁判所 (ICC)によって2009年3月4日に発行された。

ウガンダは国際刑事裁判所設置規程の締約国であり、例外なくICCに協力し、逮捕状で名指しされた人物であれば誰であれ逮捕しICCに引き渡すという義務を負っている。そのような行動を取らない場合には、ICCはウガンダ政府が明らかに義務を怠ったことをICCの監督機関である締約国会議に付託することができる。

編集者向けの注:
2009年3月4日にICCが逮捕状を発行して以降、アル・バシル大統領は7カ国(エリトリア、エジブト、リビア、カタール、サウジアラビア、エチオピア、ジンバブエ)を訪問しているが、いずれもICC条約の締約国ではなかった。

アフリカ連合は本逮捕状の執行に関してICCに協力しないよう各国に要請しているが、これまでボツワナ、ブラジル、南アフリカ共和国などいくつかのICC締約国が、アル・バシル大統領が自国に入国することがあれば、自国の持つ法的義務を果たし、同大統領を逮捕すると述べている。

アムネスティ発表国際ニュース
2009年10月16日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ