English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. EU:CIAと共謀した拘留者の移送に、メスを入れるべき

EU:CIAと共謀した拘留者の移送に、メスを入れるべき

2012年4月 3日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:EU
トピック:「テロとの闘い」における人権侵害
欧州の国々が、CIAが拘束する人たちの移送に関わったとされる事案について、EUはしっかりとした調査を行うべきである。このEUの共謀に関する新しい報告書の公聴会が行われる中、アムネスティ・インターナショナルはこのように述べた

今回発表された、ヨーロッパにおける拘留者の不法な移送、失踪および拷問に関する報告書は、欧州議会(EP)の市民の自由、正義および内政に関する委員会(LIBE)が作成した。これは、EPの2007年の調査の追跡調査である。

「過去5年間について明らかにした新しい資料と情報に基づき、加盟諸国は緊急に行動を起こす必要があります」と、アムネスティのテロ対策と人権の専門家で、公聴会で証言したジュリア・ホールは語った。

「今回のEPの報告は、腰の重い各国政府に圧力をかけ、拷問と強制失踪など甚だしい人権侵害を伴う諜報活動を追及する、またとない機会です」

調査委員のクラウディオ・ファヴァが中心となってまとめた2007年の報告書は、ヨーロッパ議会で強硬な反対にあい、EU諸国に対し、事実上何の説明責任も問わない結果に終わった。

その後5年を経て、今回新たに報告書が作成された。今回の発表は、欧州が関与する真実を明らかにするための行程において、画期的な節目となる。

CIAと結託したとされる諸政府は、国際人権法のもとに、自由で公正、徹底的で効力ある調査の実施を保証する義務がある。

EPの報告者、ジョヴァンニ・ クラウディオ・ファヴァが作成した報告書が出てから、リトアニア政府は、CIA拘束者用の秘密の収容所の存在を認めた。ルーマニアの首都ブカレスにある建物はCIAの収容所だろうことが分かった。ポーランドによる極秘現場への調査は、共謀の証拠の追加として2009年に発表された資料があるにもかかわらず、何度も行き詰っている。

27日のメディアの発表によれば、ポーランド情報局の前局長は、ポーランドで起きたCIAによる拘束にかかわったとして告発された。アムネスティはこの事態の推移を注意深く見ていると語った。

デンマークとフィンランドは、最近発表された拘束者の移送フライト情報からリトアニアと関わっていることがわかった。フィンランドはそれ以上の調査を拒否し、デンマークの現在の調査は、きわめて限定的で人権擁護基準を遵守していない。

要請に基づく英国の調査は、2011年に突然中止されたため、CIA拘留者のリビアへの移送に英国が加担した件に対する捜査は、棚上げとなっている。

「情報は十分にあるのです。しかし、真実を追求しようという意思が恐ろしいほど欠けています。人権擁護の旗手と称されるEUが、他の国々、とくに「アラブの春」の政府に、人権擁護の重要性を説くなどということができるでしょうか。自分たちが拷問と失踪に結託したとされる事件の調査を、執拗に拒否しているのですから」とホールは語った。

EPに無条件で協力し、情報を提供し、現場調査を許可するよう、アムネスティはEU諸国に強く要望した。

アムネスティは、LIBE委員会が、各国とEU間の説明の隔たりに焦点をあてた、信頼性のある包括的な報告書をまとめることができると信じている。

この報告書はまた、次の3点について勧告している。CIAとの共謀に対して、人権遵守の視点で調査を行うよう加盟国に要望するEPの決議を提言すること、これらの諜報活動の犠牲者たちに実効的な救済を与えること、そして何よりもまず、虐待につながるすべての機関や組織を改革することだ。

アムネスティ発表国際ニュース
2012年3月27日

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ