English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. ロシア連邦:ボノ、マドンナ、オノ・ヨーコらが、プッシー・ライオット釈放を訴え

ロシア連邦:ボノ、マドンナ、オノ・ヨーコらが、プッシー・ライオット釈放を訴え

2013年7月23日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ロシア連邦
トピック:危機にある個人

プッシー・ライオットのメンバー2人の釈放を求め、100名を超える世界のミュージシャンが公開レターにサインをした。
プッシー・ライオットのメンバー2人の釈放を求め、100名を超える世界のミュージシャンが公開レターにサインをした。

今週、ロシアの女性パンクバンド、プッシー・ライオットのメンバー2人の仮釈放の審問を控え、100名を超える世界のミュージシャンが、2人の釈放の呼びかけに加わった。

アムネスティ・インターナショナルは、マリア・アリョーヒナさん(25歳)とナジェージダ・トロコンニコワさん(23歳)の釈放を求めるキャンペーンを展開してきた。今回その一環として世界のミュージシャンたちとともに、獄中の2人を励ます公開レターを作成した。その中でミュージシャンたちは力強い支援を表明し、プッシー・ライオットに対する「恐るべき不公正な裁判と収監が、とりわけ仲間のアーティスト、ミュージシャン、さらに世界中の人たちに大きな衝撃を与えている」と語っている。

さらに、「教会での抗議は配慮が必要ではあるけれど、私たちはロシア当局に過酷な判決の見直しを求め、2人が子どもや家族のもとに帰り、もとの生活に戻れることを切に願っている」と続く。

手紙の署名人の一人、オノ・ヨーコは、「プッシー・ライオットが表現の自由のために毅然と信念を貫いていることに感謝したい。世界中のすべての女性は、女性であることを誇らしく思っている」と語った。

アート・フォー・アムネスティ担当のルーシー・マクナマラは次のようにコメントしている。「プッシー・ライオット事件は世界中のミュージシャンに衝撃を与えました。今回、2人へのレターへの署名呼びかけに、予想をはるかに上回る反響がありました。『プロテストソングを歌うと逮捕されるのでは、と恐れなければならないとすれば、何かがおかしい』と語るミュージシャンたちもいました。ロシア当局が、最終的には良識を持って、マリアとナジェージダを釈放することを願いましょう」

プッシ―・ライオットのメンバー、アリョーヒナさん、トロコンニコワさん、エカテリーナ・サムツェビッチさんの裁判開始が大きく報道されたのは、1年ほど前のことだ。3人は昨年2月、モスクワにあるロシア正教会の首座聖堂でプーチン政権を批判する曲を演奏したとして、「宗教的嫌悪によるフーリガン行為」の罪で起訴された。3人は有罪とされ、拘禁2年の判決を受けた。アムネスティはこの判決を、ロシアにおける「表現の自由に対する大きな打撃」と批判した。

サムツェビッチは後に執行猶予で釈放されたが、アリョーヒナさんとトロコンニコワさんの申請は却下された。その2人の審問が今週、地区上級裁判所で開かれる。
 

背景

2012年3月のロシア大統領選を前にして、多くの人たちがプーチンに抗議したが、プッシー・ライオットのそのひとつだった。

プッシー・ライオットは選挙前の2月21日、モスクワの救世主ハリストス大聖堂に覆面姿で現れ、プーチン大統領とロシア正教会幹部に対する抗議パフォーマンスを行った。その後、3人は逮捕され、「宗教的嫌悪によるフーリガン行為」で起訴された。

3人は保釈が認められず、4カ月半拘束後の2012年8月、拘禁2年の有罪判決を言い渡された。

ロシア政府はその後、「宗教的感情を侮辱する目的で行われた公共活動」に対して最長3年の拘禁刑を科すことができるよう刑法を改正するなど、表現、集会、結社の自由に対するいくつかの規制を新たに導入した。

プッシー・ライオットを支援する公開レター

マーシャとナディアへ

判決からまもなく1年が経とうとしていますが、大丈夫です、世界中の人たちが2人に寄り添い、釈放に向けて活動しています。プッシ―・ライオットは抗議者としてとりわけ注目を集めていますが、抗議をしたことで辛酸をなめている若者は、ほかにもたくさんいます。私たちはこうした人たちも気がかりです。しかし、お2人は投獄されたことで、いろいろな意味で象徴的存在となったのです。

1年前起訴されたとき、多くのアーティストが懸念の声をあげました。私たちは、当局がそこそこの理解とバランス感覚、素晴らしいロシア流のユーモアさえも発揮してくれるのではないかと期待しました。でも、そのいずれも不発でした。

恐るべき不公正な裁判と収監という事実は、とりわけ仲間のアーティスト、ミュージシャン、さらに世界中の人たちに大きな衝撃を与えてきました。子どもを持つ多くの親は、子どもと引き離されたあなたたちの苦悩を自分のこととのように感じています。教会での抗議には配慮が必要でしたが、私たちはロシア当局に過酷な判決の見直しを求め、2人が子どもや家族のもとに帰り、もとの生活に戻れることを切に願っています。

表現の自由と反対意見の表明は、いかなる民主主義においても基本的で正当な権利です。プッシ―・ライオットのメンバーは、いわば「被害者なき犯罪」の罪に問われています。しかし、公正な社会では、被害者が特定できない犯罪はありえない、というのが私たちの考えです。

粘り強く、臆せず、勇気をもって行動する2人に、私たちはみんな励まされています。

支援者

ブライアン•アダムス、アデル、アルト・ジェイ、ローリー•アンダーソン、アンチ・フラッグ、アーケード・ファイア、アーチ・エネミー、アーカイブ、ジョーン・アームトレーディング、ジョーン・バエズ、バーディーマン、ジェフ•ベック、ヤシン・ベイ、ビョーク、ルベン•ブレード、ボノ、ビリー•ブラッグ、ジャクソン•ブラウン、ピーター•バック、トレイシー•チャップマン、チェイス&ステータス、ケミカル•ブラザーズ、ネナ・チェリー、サ・クラッシュ、コールドプレイ、リリー・ローズ・クーパー、ダイド、ジャンゴ・ジャンゴ、メリッサエスリッジ、パロマフェイス、ファーストエイドキット、フランツ•フェルディナンド、ファン、ピーター•ガブリエル、ボブ•ゲルドフ、グラッサー、キム•ゴードン、デボラ・ハリー、PJハーヴェイ、ドン•ヘンリー、ヒデュン・カメラ、ナイル・ホーラン、ビリー•ジョエル、サー・エルトン•ジョン、ケシャ、アンジェリーク・キジョー、ザ・ナイフ、マーク•ノップラー、ショーン•レノン、アニー・レノックス、サー•ポール•マッカートニー、ロミーマドリー•クロフト、マドンナ、ゼイン・マリク、スティーブン・マルクス、ジョニー•マー、マッシヴ•アタック、マイク•ミルズ、モービー、サーストン•ムーア、トム•モレロ、アラニス・モリセット、ジェームス•モリソン、グラハム•ナッシュ、ケイト•ナッシュ、ユッスー・ンドゥール、カレンO、オノ・ヨーコ、クロック・オペラ、オジー•オズボーン、リアム・ペイン、ピーチーズ、ジョー•ペリー、フェニックス、レイン・フェニックス、ポーティスヘッド、キャットパワー、レディオ・ヘッド、ボニー•レイット、ライズ・アゲインスト、パティ・スキャルファ、シザー•シスターズ、ポール•サイモン、スレイ・ベルス、パティ•スミス、エスペランサ・スポルディング、ブルース•スプリングスティーン、デイヴ•スチュワート、スティング、マイケル・スタイプ、ハリー・スタイル、ニール•テナント、ルイ•トムリンソン、ピート・タウンゼント、KTタンストール、エディヴェダー

{敬称略}

アムネスティ国際ニュース
2013年7月22日

 

アクションに参加する

U2、マドンナ、アデル、スティングらと一緒に、アクションに参加してください!(UK支部のアクション・英語)
www.amnesty.org.uk/freepussyriot

▽参加の方法は、アムネスティ日本 公式Facebookを参照してください。
https://www.facebook.com/amnesty.japan
 

 

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ