English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. スーダン:女子学生10名が「ふしだらな服装」でむち打ちの恐れ

スーダン:女子学生10名が「ふしだらな服装」でむち打ちの恐れ

2015年7月18日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:スーダン
トピック:女性の権利

スーダン当局は、「ふしだらな服装」で罪に問われている女性10名を即刻釈放し、起訴を取り下げるべきだ。女性たちは、17才から23才までの学生で、逮捕時、ズボンかスカートをはいていた。

6月25日、12名の女子学生が首都ハルツームにある福音バプティスト教会の行事に参加した後、教会前で公安警察に拘束された。2名はその後、釈放された。残りの10名は起訴され、近日中に法廷に出廷する。有罪となれば、それぞれ40回のむち打ち刑を受ける恐れがある。

スカートやズボンをはいていただけでむち打ち刑を受けるのは、言語道断である。スーダンの刑法152条は「ふしだらな服装」を罪としているが、公序良俗の名の下につくられたさまざまな法律や規則は、極めて差別的で妥当性を欠き、女性の権利を侵害している。当局は、起訴を取り下げ、学生たちを即刻釈放すべきだ。

アムネスティはまた、刑法152条を廃止にすることも要請している。

丈の長さは犯罪にはならない。

女性10名の氏名は以下のとおり(敬称略)

  • ファードス・アル・ツーム(19才)
    7月6日、法廷に別の服装で出廷して、裁判官に「ふしだら」と見なされ、その場で罰金500スーダンポンドまたは1カ月の実刑判決を言い渡された。
  • 氏名不詳の学生(17才):少年裁判所に送致
  • イシュラガ・ジェイメス(20)
  • ウサン・オマー・エルジャイリ(22)
  • ダイナ・ヤグブ・アブ・アラーマン(19)
  • シーマ・アリ・オスマン(20)
  • イナス・モハンメド・エルコマニ(23)
  • レハブ・オマー・カコウム(18)
  • ナスラ・オマー・カコウム(20)
  • ウギダン・アブダラー・サリ –(不詳)

次の公判(少年裁判所送致の学生を除く)は、7月13、16、17日に予定されている。

アムネスティ国際ニュース
2015年7月12日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ