English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 英国:電気自動車へのシフトで児童労働を増やすな

英国:電気自動車へのシフトで児童労働を増やすな

2017年8月 2日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:英国
トピック:児童労働

英国が、2040年からガソリン車やディーゼル車の利用を禁止し、公道を走るすべての車を電気自動車にすると宣言した。

この政策は環境にはいい。しかし、電気自動車の利用者は、電気は環境的にはクリーンかもしれないが、人権的に必ずしもクリーンではないことを知っておくべきだ。

アムネスティの調査では、電気自動車のバッテリーに使われているコバルトは、コンゴ民主共和国の、極めて劣悪な環境で働く人たちの手で採掘されている可能性が高い。しかも、働き手には、子どもも多い。彼らは、わずか1日1ドルの賃金で、怪我や病気で命を落としかねない危険な環境で働かされている。電気自動車の利用が拡大することで、彼らをさらに追い詰めるようなことがあってはならない。

電気自動車のドライバーは、自分の車がコンゴの児童労働と関わっているのか、知りたくなるだろう。しかし、自動車業界はどこも透明性に欠け、大手の多くがコバルトのサプライチェーン(原材料などの調達過程)情報を開示していない。

ここ最近、自動車メーカーに関するニュースが多いが、アムネスティは、自動車メーカーに対して自社のサプライチェーンが人権侵害に関わらないようにするために取っている手立てを開示するよう求めている。

アムネスティ国際ニュース
2017年7月26日

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ